人工知能のメール分析により、情報漏えいの可能性のある対象者を推測(デジタルアーツ、UBIC) | ScanNetSecurity
2021.11.28(日)

人工知能のメール分析により、情報漏えいの可能性のある対象者を推測(デジタルアーツ、UBIC)

デジタルアーツとUBICは、人工知能を用いた情報漏えい対策ソリューションの提供で提携したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
人工知能のメール分析により、情報漏えいの可能性のある対象者を推測(デジタルアーツ、UBIC)
人工知能のメール分析により、情報漏えいの可能性のある対象者を推測(デジタルアーツ、UBIC) 全 2 枚 拡大写真
デジタルアーツ株式会社と株式会社UBICは5月12日、人工知能を用いた情報漏えい対策ソリューションの提供で提携したと発表した。これは、UBICの人工知能応用技術である「Predictive Coding」およびその関連技術と、デジタルアーツの企業・官公庁向けの情報漏えい対策製品とを連携させるというもの。新たな情報漏えい対策ソリューションは今夏に提供する予定だという。

新たなソリューションは、UBICが提供するメール自動監査システム「Lit i View EMAIL AUDITOR」とデジタルアーツのメールセキュリティ「m-FILTER」を連携させたもの。UBICの行動情報科学を応用した人工知能がメール分析から行動パターンを類推し、情報漏えいの可能性のある対象者を推測できるという。これにより、機密情報漏えいの対策を事前に講じることが可能となる。特に社員数の多い大企業や海外展開を積極的に行う企業が抱える情報流出の画期的な対策として利用することが可能になるとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. Apache HTTP Server における URI の検証不備によるディレクトリトラバーサルの脆弱性(Scan Tech Report)

    Apache HTTP Server における URI の検証不備によるディレクトリトラバーサルの脆弱性(Scan Tech Report)

  2. 「Emotet」テイクダウンから復活 ~ トレンドマイクロが動向やテイクダウン前との違いを解説

    「Emotet」テイクダウンから復活 ~ トレンドマイクロが動向やテイクダウン前との違いを解説

  3. サイバー攻撃者とハンティングチーム 365日間の「対話」~ CrowdStrike  2021年度 脅威ハンティングレポート公開

    サイバー攻撃者とハンティングチーム 365日間の「対話」~ CrowdStrike 2021年度 脅威ハンティングレポート公開PR

  4. 日本薬学会Webサイトへ不正アクセス、緊急メンテナンスを実施し復旧

    日本薬学会Webサイトへ不正アクセス、緊急メンテナンスを実施し復旧

  5. Googleフォームの誤設定事案、コロナ感染防止策用の健康調査リストが閲覧可能に

    Googleフォームの誤設定事案、コロナ感染防止策用の健康調査リストが閲覧可能に

  6. C&Cサーバ検知と通信の秘密、総務省「電気通信事業におけるサイバー攻撃への適正な対処 第四次とりまとめ」公表

    C&Cサーバ検知と通信の秘密、総務省「電気通信事業におけるサイバー攻撃への適正な対処 第四次とりまとめ」公表

  7. proofpoint、日本で新しい情報保護及びクラウドセキュリティプラットフォームを販売開始

    proofpoint、日本で新しい情報保護及びクラウドセキュリティプラットフォームを販売開始

  8. 平成18年のサイバー犯罪の検挙件数や特徴などを発表(警察庁)

    平成18年のサイバー犯罪の検挙件数や特徴などを発表(警察庁)

  9. 「持続不可能」な日本の DX ~ 中国よりもサステナビリティ経営の意識低く、調査対象中堂々最下位

    「持続不可能」な日本の DX ~ 中国よりもサステナビリティ経営の意識低く、調査対象中堂々最下位

  10. トレンドマイクロ、BEC攻撃者が悪用する5つの主要なメールチャネルについて解説

    トレンドマイクロ、BEC攻撃者が悪用する5つの主要なメールチャネルについて解説

ランキングをもっと見る