サイバーセキュリティ・アフリカ(2)アフリカの村井純 | ScanNetSecurity
2020.07.14(火)

サイバーセキュリティ・アフリカ(2)アフリカの村井純

最初の一人は、アフリカのインターネットの父といわれる、Nii Quaynor 氏ですNii 氏は、アフリカの地域インターネットレジストリ AFRINIC の創立メンバーです。アフリカの IT 事情に詳しい日本人は Nii 氏を「アフリカの村井純」と呼ぶこともあるそうです。

特集 コラム
アフリカのインターネットの父 Nii Quaynor 氏
アフリカのインターネットの父 Nii Quaynor 氏 全 7 枚 拡大写真
 
“Heaven was copied after Mauritius.”(Mark Twain)

本稿は 2014 年 11 月下旬にモーリシャス共和国で開催された、アフリカの地域インターネットレジストリ AFRINIC 設立 10 周年記念の国際会議 AFRINIC-21 をレポートします。


●世界最大の人口地域

アフリカ大陸は南北に約 8,000 キロの長さを持っています。3,022 万平方キロメートルという面積は、アメリカ+ヨーロッパ+中国、3 つ全てを足したよりも広く、なんと地球の陸地の 2 割がアフリカ大陸だそうです。

アフリカ大陸は、50 を超える国家によって構成されています。著しい人口増加を示しており「アフリカ 動き出す9億人市場」という本が 2009 年に出版されましたが、わずか 4 年後の 2013 年には、「アフリカビジネス 灼熱の10億人市場」というムックが日経 BP から出ています。

国連の予測によれば 2030 年にアフリカの人口は中国とインドを抜いて 15.6 億人に到達し、世界最大の人口を有する地域となることが予想されており、とりわけ若年層が多く含まれる見込となっています。世界の若者の何人かに一人は確実にアフリカの若者になるのです。

World Population Prospects, the 2012 Revision

大陸にある国家をすべて「アフリカ」とひとくくりに言うのは、日本とオーストラリアとアフガニスタンを同じ「アジア」と呼ぶような危険を伴うのですが、アフリカの発展を俯瞰する視点と経験を持ち、アフリカのインターネットの過去・現在を知り、そして未来について考え、サイバーセキュリティの課題についての見識を持つ、AfriNIC に関わる重要人物 2 名に話を聞く機会を得ることができました。

●アフリカ経済成長のジレンマ

最初の一人は、アフリカのインターネットの父といわれる、Nii Quaynor 氏です…

※本記事は明日配信の有料版メールマガジンに全文を掲載します

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  2. 情報漏えいにつながる危険な PDF 利用 - Microsoft Word 網掛け機能誤解、情報公開し注意喚起(大船渡市)

    情報漏えいにつながる危険な PDF 利用 - Microsoft Word 網掛け機能誤解、情報公開し注意喚起(大船渡市)

  3. 複数のBIG-IP製品に、攻撃の踏み台にされるなどの脆弱性(JPCERT/CC)

    複数のBIG-IP製品に、攻撃の踏み台にされるなどの脆弱性(JPCERT/CC)

  4. ダークネット観測網へのスキャン活動、活発な状況が続く(NICT)

    ダークネット観測網へのスキャン活動、活発な状況が続く(NICT)

  5. 石川県と兵庫県の一部エリアで電話・FAXの誤着信が発生(NTT西日本)

    石川県と兵庫県の一部エリアで電話・FAXの誤着信が発生(NTT西日本)

  6. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  7. 「サイバー空間でも逃さない」令和2年度サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月3日から(大阪府警察)

    「サイバー空間でも逃さない」令和2年度サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月3日から(大阪府警察)

  8. 新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

    新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

  9. 最新の状況に刷新「TLS暗号設定ガイドライン」など公開(NICT、IPA)

    最新の状況に刷新「TLS暗号設定ガイドライン」など公開(NICT、IPA)

  10. セブン銀行をかたるフィッシングに対する注意喚起(フィッシング対策協議会)

    セブン銀行をかたるフィッシングに対する注意喚起(フィッシング対策協議会)

ランキングをもっと見る