日本の複数組織への標的型攻撃は中国「Red Apollo」、いまだ継続中(プライスウォーターハウスクーパース) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.05.25(土)

日本の複数組織への標的型攻撃は中国「Red Apollo」、いまだ継続中(プライスウォーターハウスクーパース)

PwCは、日本国内における複数の企業・組織を標的としたAPTグループの活動を観測したとして、注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
DNSシンクホールによる観測イメージ
DNSシンクホールによる観測イメージ 全 2 枚 拡大写真
プライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC)は7月2日、日本国内における複数の企業・組織を標的としたAPTグループの活動を観測したとして、注意喚起を発表した。これは、同社のサイバー攻撃の観測・分析活動を行っている専門チーム「スレットリサーチラボ」が観測したもの。特に2015年5月頃から「政府・官公庁、特定団体・機構、金融、航空、自動車、エネルギー企業」などの多数の国内組織からDNSシンクホールへ継続的な通信などを観測したという。

この5月から6月にかけて、国内で標的型攻撃による被害が多数発覚しているが、それら以外にも水面下でAPTグループによる攻撃が行われている可能性があるとしている。同ラボでは、今回の分析結果をもとに直接もしくは第三者機関を通じて、被害組織へ情報提供を行ったという。また、攻撃パターンの分析から、中国の2つのAPTグループからの攻撃であることを確認し、同社ではこれらのグループを「Red Apollo」および「Red Wave」と命名。観測したアクセスの約9割は「Red Apollo」からの攻撃であることも判明している。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. MBSD国分裕の「脆弱性診断士育成」カリスマ授業

    MBSD国分裕の「脆弱性診断士育成」カリスマ授業

  2. 「アンとケイト」に不正アクセス、登録情報が流出の可能性(マーケティングアプリケーションズ)

    「アンとケイト」に不正アクセス、登録情報が流出の可能性(マーケティングアプリケーションズ)

  3. NTTデータ先端技術サイバーセキュリティインテリジェンスセンター設立目論見

    NTTデータ先端技術サイバーセキュリティインテリジェンスセンター設立目論見

  4. 一田和樹 サイバーブックレーダー「サイバー完全兵器」デービッド・サンガー著

    一田和樹 サイバーブックレーダー「サイバー完全兵器」デービッド・サンガー著

  5. 不正アクセスにより医師の氏名を騙るなりすましメールを送信(東京都保健医療公社 多摩北部医療センター)

    不正アクセスにより医師の氏名を騙るなりすましメールを送信(東京都保健医療公社 多摩北部医療センター)

  6. ファイルサーバがランサムウェア感染、一部は所外流出可能性も(権田総合法律事務所)

    ファイルサーバがランサムウェア感染、一部は所外流出可能性も(権田総合法律事務所)

  7. 顧客データ人質にされた独大手 SI 企業の攻防、攻撃者が本誌に語った言い分(The Register)

    顧客データ人質にされた独大手 SI 企業の攻防、攻撃者が本誌に語った言い分(The Register)

  8. 一次通過経験ゼロ、知人にすら読んでもらえないレベルの素人がサイバーセキュリティ小説コンテスト大賞受賞に至った経緯とは

    一次通過経験ゼロ、知人にすら読んでもらえないレベルの素人がサイバーセキュリティ小説コンテスト大賞受賞に至った経緯とは

  9. 国外から不正アクセス 個人情報削除、パスワードハッシュ化済も万全期し全件変更(愛媛CATV)

    国外から不正アクセス 個人情報削除、パスワードハッシュ化済も万全期し全件変更(愛媛CATV)

  10. もみじまんじゅうの販売サイトに不正アクセス、カード情報が流出の可能性(藤い屋)

    もみじまんじゅうの販売サイトに不正アクセス、カード情報が流出の可能性(藤い屋)

ランキングをもっと見る