日本の複数組織への標的型攻撃は中国「Red Apollo」、いまだ継続中(プライスウォーターハウスクーパース) | ScanNetSecurity
2020.10.28(水)

日本の複数組織への標的型攻撃は中国「Red Apollo」、いまだ継続中(プライスウォーターハウスクーパース)

PwCは、日本国内における複数の企業・組織を標的としたAPTグループの活動を観測したとして、注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
DNSシンクホールによる観測イメージ
DNSシンクホールによる観測イメージ 全 2 枚 拡大写真
プライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC)は7月2日、日本国内における複数の企業・組織を標的としたAPTグループの活動を観測したとして、注意喚起を発表した。これは、同社のサイバー攻撃の観測・分析活動を行っている専門チーム「スレットリサーチラボ」が観測したもの。特に2015年5月頃から「政府・官公庁、特定団体・機構、金融、航空、自動車、エネルギー企業」などの多数の国内組織からDNSシンクホールへ継続的な通信などを観測したという。

この5月から6月にかけて、国内で標的型攻撃による被害が多数発覚しているが、それら以外にも水面下でAPTグループによる攻撃が行われている可能性があるとしている。同ラボでは、今回の分析結果をもとに直接もしくは第三者機関を通じて、被害組織へ情報提供を行ったという。また、攻撃パターンの分析から、中国の2つのAPTグループからの攻撃であることを確認し、同社ではこれらのグループを「Red Apollo」および「Red Wave」と命名。観測したアクセスの約9割は「Red Apollo」からの攻撃であることも判明している。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 社員PCが「Emotet」感染、鳥羽洋行騙る暗号化ZIP付不審メール確認

    社員PCが「Emotet」感染、鳥羽洋行騙る暗号化ZIP付不審メール確認

  2. 「Emotet」関連相談が大幅増 ~ IPAの情報セキュリティ安心相談窓口

    「Emotet」関連相談が大幅増 ~ IPAの情報セキュリティ安心相談窓口

  3. Oracle Java SEに脆弱性 攻撃された場合の影響大、早急なアップデート呼びかけ

    Oracle Java SEに脆弱性 攻撃された場合の影響大、早急なアップデート呼びかけ

  4. フィッシングにひっかかりやすい「要注意メール件名」トップ10(KnowBe4)

    フィッシングにひっかかりやすい「要注意メール件名」トップ10(KnowBe4)

  5. 従業員のパソコンが「Emotet」感染、zip形式のマルウェア添付メールを送信(京セラ)

    従業員のパソコンが「Emotet」感染、zip形式のマルウェア添付メールを送信(京セラ)

  6. 「ドコモ口座」不正利用の被害件数を公開、補償完了は122件2,797万円に

    「ドコモ口座」不正利用の被害件数を公開、補償完了は122件2,797万円に

  7. シルバニアファミリーオンラインショップのメール流出、プログラム改修が原因

    シルバニアファミリーオンラインショップのメール流出、プログラム改修が原因

  8. ブロードバンドセキュリティが実施した脆弱性管理の500名調査の結果、見えてきた課題

    ブロードバンドセキュリティが実施した脆弱性管理の500名調査の結果、見えてきた課題PR

  9. 浮かび上がる全体像 CrowdStrike が結んだランサムウェアの点と線

    浮かび上がる全体像 CrowdStrike が結んだランサムウェアの点と線PR

  10. 「マンション・ラボ」に不正アクセス、記事ページが改ざん(つなぐネットコミュニケーションズ)

    「マンション・ラボ」に不正アクセス、記事ページが改ざん(つなぐネットコミュニケーションズ)

ランキングをもっと見る