緊急速報エリアメールが「やさしい日本語」に対応、災害情報を子どもや外国人なども理解しやすく(NTTドコモ) | ScanNetSecurity
2022.10.01(土)

緊急速報エリアメールが「やさしい日本語」に対応、災害情報を子どもや外国人なども理解しやすく(NTTドコモ)

 NTTドコモは26日、緊急速報「エリアメール」サービスにおける受信メッセージについて、「やさしい日本語」に対応することを発表した。9月10日から対応する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
緊急地震速報の画面イメージ
緊急地震速報の画面イメージ 全 2 枚 拡大写真
 NTTドコモは26日、緊急速報「エリアメール」サービスにおける受信メッセージについて、「やさしい日本語」に対応することを発表した。9月10日から対応する。

 「やさしい日本語」とは、“小学校3年生レベル”かつ“日本在住1年程度の外国人の方が理解できるレベル”の言語を指すとのこと。今回、気象庁が配信する緊急地震速報や津波警報に基づき、メッセージの文章を、より分かりやすい日本語文章で発信する。これにより、子どもや外国人などにも災害情報を理解しやすくするのが狙い。

 具体的には、平易な日本語を使い、漢字をひらがなに置き換える。置き換えが難しい場合は「地震(じしん)」といった形で、読み仮名を付記する。

 なお、エリアメールは、気象庁・内閣府・観光庁から提示されている「緊急地震速報の多言語辞書」に対応し、内閣府協力のもと表示イメージを作成しているとのこと。また現在、日本語のほか、英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語に対応している。

 対応端末はAndroid 4.1以降搭載の端末となる。利用には「エリアメール」アプリの設定で、「やさしい日本語設定」を有効にする必要がある。

ドコモの緊急速報エリアメール、子どもが分かる日本語文に

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. オンライン会議出席者の眼鏡から情報漏えい

    オンライン会議出席者の眼鏡から情報漏えい

  2. イエラエ CSIRT支援室 第 33 回 擬似マルウェアの実行から始まる、イエラエペネトレーションテストの実践的手法を大公開!

    イエラエ CSIRT支援室 第 33 回 擬似マルウェアの実行から始まる、イエラエペネトレーションテストの実践的手法を大公開!

  3. 協会けんぽの基幹システムに障害、健康保険証の発行や現金給付への影響も

    協会けんぽの基幹システムに障害、健康保険証の発行や現金給付への影響も

  4. JPCERT/CCによる「積極的サイバー防御(Active Cyber Defense)」論点整理

    JPCERT/CCによる「積極的サイバー防御(Active Cyber Defense)」論点整理

  5. デジタル庁「GビズID」のメール中継サーバに不正アクセス、約13,000件の迷惑メールを送信

    デジタル庁「GビズID」のメール中継サーバに不正アクセス、約13,000件の迷惑メールを送信

  6. 「ユニフォームタウン」への不正アクセスで63,565名分のカード情報が漏えい

    「ユニフォームタウン」への不正アクセスで63,565名分のカード情報が漏えい

  7. JR西日本グループの山陽SC開発サーバに不正アクセス、個人情報が流出した可能性を完全に否定できず

    JR西日本グループの山陽SC開発サーバに不正アクセス、個人情報が流出した可能性を完全に否定できず

  8. ガートナー、日本におけるセキュリティハイプサイクル2022 公開

    ガートナー、日本におけるセキュリティハイプサイクル2022 公開

  9. 次年度セキュリティ戦略立案中の方必聴、リスク環境の変化と手堅い対策の実装とは

    次年度セキュリティ戦略立案中の方必聴、リスク環境の変化と手堅い対策の実装とはPR

  10. サンソウシステムズが運用管理するサーバに不正アクセス、社内システムで障害が発生

    サンソウシステムズが運用管理するサーバに不正アクセス、社内システムで障害が発生

ランキングをもっと見る