「検知・防御・教育」の3つの要素を搭載した「i-FILTER」新バージョン発売(デジタルアーツ) | ScanNetSecurity
2021.07.31(土)

「検知・防御・教育」の3つの要素を搭載した「i-FILTER」新バージョン発売(デジタルアーツ)

デジタルアーツは、企業・官公庁向けWebフィルタリングソフト「i-FILTER」の新バージョンVer.9.3を提供開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
「i-FILTER」が提案する標的型攻撃への対応サイクルイメージ
「i-FILTER」が提案する標的型攻撃への対応サイクルイメージ 全 1 枚 拡大写真
デジタルアーツ株式会社は11月9日、企業・官公庁向けWebフィルタリングソフト「i-FILTER」の新バージョンVer.9.3を同日より提供開始したと発表した。新バージョンでは、標的型攻撃対策の「かなめ」となる「検知・防御・教育」の3つの要素を搭載したことで、標的型攻撃への対応サイクルを実現することが可能になったとしている。「検知」機能では、SIEM製品の導入ニーズの高まりから「i-FILTER」との連携ニーズが増えてきていることを踏まえ、「Splunk」を始めとしたSIEM製品との連携を可能にした。

また「防御」機能では、株式会社FFRI、株式会社ラックから提供を受けている脅威情報サイトのデータベース内包による出口対策を実現しているが、新たに国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が提供する、悪性URLのデータベースも内包して提供する。これにより、標的型攻撃対策に有効な出口対策をより強固にし、外部に情報を持ちだそうとする不正な通信を遮断する。

「教育」機能では、標的型攻撃への組織的対策として従業員・職員・児童の情報セキュリティ教育のニーズの高まりを受け、1日1問、初回のインターネットアクセス時に情報セキュリティに関する選択問題を表示し、合格して初めてインターネットアクセスを可能にする新機能「Test Board」を搭載した。このサンプル問題は、日本の企業・団体のITリテラシー・セキュリティ向上と教育の普及に従事している一般財団法人インターネット協会、日本サード・パーティ株式会社、特定非営利活動法人 日本ネットワークセキュリティ協会の3団体が提供、ユーザは無料で利用できる。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. チャットサポートから顧客情報不正入手し無断契約変更:東京電力から東京ガスへ

    チャットサポートから顧客情報不正入手し無断契約変更:東京電力から東京ガスへ

  2. 時事通信社記者がUSBメモリ紛失、だんまりを決め込むも一年後警察からの連絡で発覚

    時事通信社記者がUSBメモリ紛失、だんまりを決め込むも一年後警察からの連絡で発覚

  3. プライバシーが重視されるコミュニティに起こりうる最悪の事態、銃販売店の顧客データ 11 万件盗難

    プライバシーが重視されるコミュニティに起こりうる最悪の事態、銃販売店の顧客データ 11 万件盗難

  4. かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

    かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

  5. KLab IDに外部から大量の不正アクセス、約52万件の確認メールを送信

    KLab IDに外部から大量の不正アクセス、約52万件の確認メールを送信

  6. コロナ対策リーダーへのワクチン接種案内メール、約44,000名に誤送信

    コロナ対策リーダーへのワクチン接種案内メール、約44,000名に誤送信

  7. proofpoint Blog 第3回 「セキュリティと業務効率性の矛盾を両立する」

    proofpoint Blog 第3回 「セキュリティと業務効率性の矛盾を両立する」

  8. IPA脆弱性届出、製品別は「Webアプリ」が最多に -- 四半期レポート

    IPA脆弱性届出、製品別は「Webアプリ」が最多に -- 四半期レポート

  9. 個人情報保護委員会、マイナンバーのヒヤリハット・漏えい事例をまとめた資料を公表

    個人情報保護委員会、マイナンバーのヒヤリハット・漏えい事例をまとめた資料を公表

  10. ランサムウェア対策ポータルサイト開設

    ランサムウェア対策ポータルサイト開設

ランキングをもっと見る