トレンドマイクロ主催のCTF、韓国のチーム「CyKor」が優勝(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.09.28(火)

トレンドマイクロ主催のCTF、韓国のチーム「CyKor」が優勝(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロが主催するCTF「Trend Micro CTF Asia Pacific & Japan 2015(Trend Micro CTF)」において、韓国のチーム「CyKor」が優勝した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
トレンドマイクロ主催のCTF、韓国のチーム「CyKor」が優勝(トレンドマイクロ)
トレンドマイクロ主催のCTF、韓国のチーム「CyKor」が優勝(トレンドマイクロ) 全 1 枚 拡大写真
トレンドマイクロ株式会社は11月22日、同社が主催するCTF「Trend Micro CTF Asia Pacific & Japan 2015(Trend Micro CTF)」において、韓国のチーム「CyKor」が優勝したと発表した。同CTFはセキュリティ技術の知識や実践力を競い合う競技大会で、11月21日から22日に東京都内で開催された。優勝した「CyKor」チームは、賞金100万円および12月に台湾で開催される「HITCON CTF FINAL 2015」決勝戦の出場権を獲得した。

上位5位は、1位「CyKor」(韓国)総合点420点、2位「blue-lotus」(中華人民共和国)総合点210点、3位「TokyoWesterns」(日本)総合点150点。4位「OO AT XX 4」(台湾)総合点130点、5位「binja」(日本)総合点100点。

同CTFは、設問30問(6カテゴリ各5問)を参加者が解いていき点数を競う「ジェパディ(Jeopardy)」形式の予選と、サーバへの攻防戦を繰り広げる「アタック・アンド・ディフェンス」形式の決勝戦で構成される。9月26日から27日に開催されたオンライン予選には、日本を含むアジアパシフィック地域からは29の国・地域からの参加があり、合計で881チーム、2,283名が参加した。決勝戦は、予選を突破した上位10チーム(1チーム最大4名)が参加しセキュリティの技術を競い合った。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. モリサワ他と損害賠償金4,500万円支払で調停成立~フォント不正コピーの印刷会社

    モリサワ他と損害賠償金4,500万円支払で調停成立~フォント不正コピーの印刷会社

  2. 新生銀行グループのアプラス、約48万件のカード会員向けログイン情報を委託先2社に誤って提供

    新生銀行グループのアプラス、約48万件のカード会員向けログイン情報を委託先2社に誤って提供

  3. メール誤送信のお詫び、Amazonギフト券500円分進呈

    メール誤送信のお詫び、Amazonギフト券500円分進呈

  4. 茨城県職員を騙る新型コロナウイルス関係の「なりすましメール」に注意を呼びかけ

    茨城県職員を騙る新型コロナウイルス関係の「なりすましメール」に注意を呼びかけ

  5. 「PR TIMES」への発表前情報の不正取得、特定IPアドレス以外についても遡って調査

    「PR TIMES」への発表前情報の不正取得、特定IPアドレス以外についても遡って調査

  6. ソフトウェアベンダの不手際トップ10、第1位はアクセスコントロールの不備 ~ OWASP発表

    ソフトウェアベンダの不手際トップ10、第1位はアクセスコントロールの不備 ~ OWASP発表

  7. 新型コロナ陽性者の個人情報をFAX誤送信、操作ミスで報道機関への短縮ダイヤルに触れたことに気付かず

    新型コロナ陽性者の個人情報をFAX誤送信、操作ミスで報道機関への短縮ダイヤルに触れたことに気付かず

  8. 216の新しい人生 ~ 41歳コンビニ店長の転職 外伝

    216の新しい人生 ~ 41歳コンビニ店長の転職 外伝PR

  9. IPAと経産省、「Qubit Chain(旧SIMIAチェーン)」プロジェクトと無関係と強調

    IPAと経産省、「Qubit Chain(旧SIMIAチェーン)」プロジェクトと無関係と強調

  10. 「サプライチェーン攻撃」の3種の弱点につけ込む攻撃が顕在化、トレンドマイクロ解説

    「サプライチェーン攻撃」の3種の弱点につけ込む攻撃が顕在化、トレンドマイクロ解説

ランキングをもっと見る