KELがRSA製品のリセーラー契約、統合的なセキュリティ対策を提供(EMCジャパン、KEL) | ScanNetSecurity
2022.01.18(火)

KELがRSA製品のリセーラー契約、統合的なセキュリティ対策を提供(EMCジャパン、KEL)

EMCジャパンとKELは、EMCのパートナー販売支援プログラム「ビジネスパートナー」において、RSA製品のリセーラー契約を締結したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
KELがRSA製品のリセーラー契約、統合的なセキュリティ対策を提供(EMCジャパン、KEL)
KELがRSA製品のリセーラー契約、統合的なセキュリティ対策を提供(EMCジャパン、KEL) 全 1 枚 拡大写真
EMCジャパン株式会社と兼松エレクトロニクス株式会社(KEL)は12月18日、EMCのパートナー販売支援プログラム「ビジネスパートナー」において、RSA製品のリセーラー契約を締結したと発表した。KELは従来よりEMCのゴールドパートナーとしてストレージ製品を販売しているが、今回新たにRSAの認定パートナーとして、セキュリティ管理プラットフォーム「RSA Security Analytics」、エンドポイント フォレンジックツール「RSA ECAT」、GRCプラットフォーム「RSA Archer」の販売を開始する。

KELは、ITシステムのインフラ設計、構築および保守のビジネスに強みを持ち、製造業や金融機関を中心にインフラビジネスを展開している。近年は国内でも標的型サイバー攻撃や組織内におけるセキュリティ脅威事案が多発しており、これらの業界では、特に知的財産や個人情報の流出等の予防に積極的に対処するため、最新の対策を導入して事業リスクを低減したいというニーズが高まっている。そこでKELでは、RSAが提供するサイバー攻撃対策ソリューションにより、攻撃の予防や抑止から予兆の検知、対応、被害の把握、拡散防止までを統合的に管理できるセキュリティ対策を提案していくという。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. メタップスペイメント「会費ペイ」で不正アクセス発生、サービス利用団体で決済を停止

    メタップスペイメント「会費ペイ」で不正アクセス発生、サービス利用団体で決済を停止

  2. 中国が侵攻したら台湾は TSMC を破壊すべし ~ 米陸軍誌 2021年トップ論文

    中国が侵攻したら台湾は TSMC を破壊すべし ~ 米陸軍誌 2021年トップ論文

  3. イシバシ楽器WebサーバにSQLインジェクション攻撃、約10万件の会員メールアドレスが流出

    イシバシ楽器WebサーバにSQLインジェクション攻撃、約10万件の会員メールアドレスが流出

  4. フィッシング攻撃で悪用される「ミスリードURL」と「ホモグラフ攻撃」について解説

    フィッシング攻撃で悪用される「ミスリードURL」と「ホモグラフ攻撃」について解説

  5. Android アプリ「ジモティー」に外部サービスの API キーがハードコードされている問題

    Android アプリ「ジモティー」に外部サービスの API キーがハードコードされている問題

  6. 2021年総括/中国APTが中国国内企業を攻撃/華為スパイ活動マーケ資料 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

    2021年総括/中国APTが中国国内企業を攻撃/華為スパイ活動マーケ資料 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

  7. ペットメーカー「マルカンオンラインショップ」に不正アクセス、1,152名のカード情報が流出

    ペットメーカー「マルカンオンラインショップ」に不正アクセス、1,152名のカード情報が流出

  8. 旧「馬野化学容器株式会社ネットショップ」に不正アクセス、191名分のカード情報が流出

    旧「馬野化学容器株式会社ネットショップ」に不正アクセス、191名分のカード情報が流出

  9. 日本航空電子工業ファイルサーバに不正アクセス、詳細は調査中

    日本航空電子工業ファイルサーバに不正アクセス、詳細は調査中

  10. 知られざる暗号評価プロジェクト CRYPTREC 第8回「 CRYPTREC の国際実績」

    知られざる暗号評価プロジェクト CRYPTREC 第8回「 CRYPTREC の国際実績」

ランキングをもっと見る