マドリード・バルセロナ・東京~デロイト SOC レポート(7)そして東京へ | ScanNetSecurity
2020.08.12(水)

マドリード・バルセロナ・東京~デロイト SOC レポート(7)そして東京へ

日本にも、スペインのデロイト eCIC と同規模及び同水準のサービスが提供されれば、市場に大きな風穴を開けることができるだろう。

特集 特集
デロイト トーマツ リスクサービ パートナー 泊氏と佐藤氏、スペインデロイト社のメンバーと
デロイト トーマツ リスクサービ パートナー 泊氏と佐藤氏、スペインデロイト社のメンバーと 全 3 枚 拡大写真
今回の取材で、デロイト トーマツ リスクサービス株式会社 パートナー 泊 輝幸 氏と、シニアマネジャー 佐藤 功陛 氏に話を聞く機会を得た。

日本では、監査系のファームは、経営層受けする計画やプレゼンは抜群に優れるものの、インシデント対応や現場の運用に難ありというイメージを持たれているように感じていたが、今回訪問したスペインのデロイトは、上流コンサルと技術系セキュリティコンサル企業の長所を合わせ持つ印象を得た。

デロイト社は、各国ごとに別の法人として登記されており、これは「連邦制」と呼ばれている。エンロン事件のようなさまざまなリスクを回避することができる他、ヘッドクォーターがワシントンやニューヨークにあるわけではないため、グローバル企業でありながらも、各国ローカルへの適応や進化が柔軟かつ容易である利点を持つ。

ヘッドクォーターがないため、各国のデロイト間のリンクはフラットで任意である。

「本気を見せないとダメ」そう語った佐藤功陛氏は、日本の eCIC 設立準備のために、2015 年は、のべ 1 ヶ月以上スペインに滞在し、現地のパイプとネットワーク構築に尽力していたという。他国のメンバーファームより先んじることができているということだろう。

日本にも、スペインのデロイト eCIC と同規模及び同水準のサービスが提供されれば、LAC・Nコム・IBM などが主要プレーヤーである日本の SOC 市場に、大きな風穴が開くことが予想される。

スペインと日本の間に、単なるサービス提供や協力関係を超えた、相互補完関係をどの程度作っていくことができるかがカギとなるだろう。

(取材協力:デロイト トーマツ リスクサービス株式会社)

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  2. 決済サービス用コンピュータに不正アクセスし決済情報を偽る、21歳男性を逮捕(三重県警察)

    決済サービス用コンピュータに不正アクセスし決済情報を偽る、21歳男性を逮捕(三重県警察)

  3. IDの登録情報システムに不具合、最大38万件が別ユーザーに上書きされる(ヤフー)

    IDの登録情報システムに不具合、最大38万件が別ユーザーに上書きされる(ヤフー)

  4. 11拠点のパソコンがEmotet感染、なりすましメールを送信(ネッツトヨタ静岡)

    11拠点のパソコンがEmotet感染、なりすましメールを送信(ネッツトヨタ静岡)

  5. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  6. 不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

    不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

  7. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  8. 職員のアカウントを踏み台に1,733名に不審メール送信(LINK-J)

    職員のアカウントを踏み台に1,733名に不審メール送信(LINK-J)

  9. 「ゼロトラストNW」「SASE」新規追加、2020年版ハイプサイクル(ガートナー ジャパン)

    「ゼロトラストNW」「SASE」新規追加、2020年版ハイプサイクル(ガートナー ジャパン)

  10. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

ランキングをもっと見る