ここが変だよ日本のセキュリティ 第19回「気を付けて!日本人が陥りやすい考え方」 | ScanNetSecurity
2020.07.14(火)

ここが変だよ日本のセキュリティ 第19回「気を付けて!日本人が陥りやすい考え方」

2015年はサイバーセキュリティ元年だったそうだ。2005年が内部セキュリティ元年で、2013年は制御システムセキュリティ元年、2014年はPOS脅威元年だったとさ。営業トークの元年が毎年叫ばれるってことは業界が成長期にあるって意識高い系の解釈をしておこう。

特集 特集
AVTOKYOでは講演の他にもELFマルウェアワークショップが併催されていて、香港の仲間からの差し入れ「竹鶴17年」を片手にCoolな解析が行われていた。
AVTOKYOでは講演の他にもELFマルウェアワークショップが併催されていて、香港の仲間からの差し入れ「竹鶴17年」を片手にCoolな解析が行われていた。 全 2 枚 拡大写真
何だね君はぁ? 「冬のコミケはとうとう落選してしまって薄い本が書けなかったので、精一杯サービスして参りますよ!」

2015年はサイバーセキュリティ元年だったそうだ。2006年はセキュアジャパン、2007年はセキュリティ戦略元年だったよね。2005年が内部セキュリティ元年で、2013年は制御システムセキュリティ元年、2014年はPOS脅威元年だったとさ。政府が言う元年には政策、戦略の裏付けがあるけど、営業トークの元年が毎年叫ばれるってことは業界が成長期にあるって意識高い系の解釈をしておこう。

2016年はセキュリティを志す者が活躍する年、じゃなくってさ、なによりみんなが平穏な新年でありますように祈っております。

●日本人が陥りやすい考え方

世界よこれが日本だ!と、自分の国を誇りに思うことは結構なことだ。しかし、自分たちは勤勉で素晴らしい文化を持っていると思っている、そんな日本人の美徳の中に、セキュリティに当て嵌めてしまうとおかしな話になってくることがある。ちょっと前に「江戸しぐさ」なんて流行ったけど、提案する側は都合のよい一部の事例を持ち出して提案に説得力を持たせたいのさ。しかし例えというのは話を分かり易くしてくれる反面、都合の悪い面へ考えが至るのを止めてしまうことがある。そんな陥りやすい考え方の注意点を今回は挙げていきたい。

《2次元殺法コンビ》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  2. 情報漏えいにつながる危険な PDF 利用 - Microsoft Word 網掛け機能誤解、情報公開し注意喚起(大船渡市)

    情報漏えいにつながる危険な PDF 利用 - Microsoft Word 網掛け機能誤解、情報公開し注意喚起(大船渡市)

  3. 複数のBIG-IP製品に、攻撃の踏み台にされるなどの脆弱性(JPCERT/CC)

    複数のBIG-IP製品に、攻撃の踏み台にされるなどの脆弱性(JPCERT/CC)

  4. ダークネット観測網へのスキャン活動、活発な状況が続く(NICT)

    ダークネット観測網へのスキャン活動、活発な状況が続く(NICT)

  5. 石川県と兵庫県の一部エリアで電話・FAXの誤着信が発生(NTT西日本)

    石川県と兵庫県の一部エリアで電話・FAXの誤着信が発生(NTT西日本)

  6. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  7. 「サイバー空間でも逃さない」令和2年度サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月3日から(大阪府警察)

    「サイバー空間でも逃さない」令和2年度サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月3日から(大阪府警察)

  8. 新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

    新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

  9. 最新の状況に刷新「TLS暗号設定ガイドライン」など公開(NICT、IPA)

    最新の状況に刷新「TLS暗号設定ガイドライン」など公開(NICT、IPA)

  10. セブン銀行をかたるフィッシングに対する注意喚起(フィッシング対策協議会)

    セブン銀行をかたるフィッシングに対する注意喚起(フィッシング対策協議会)

ランキングをもっと見る