不正アクセスにより「グリコネットショップ」からカード情報を含む顧客情報が流出(江崎グリコ) | ScanNetSecurity
2024.06.17(月)

不正アクセスにより「グリコネットショップ」からカード情報を含む顧客情報が流出(江崎グリコ)

 江崎グリコおよびグリコ通販センターは7日、同社の通販サイト「グリコネットショップ」から、顧客情報が流出したことを発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
3月7日時点の「グリコネットショップ」サイト。トップページにお詫び文のみが掲載されている
3月7日時点の「グリコネットショップ」サイト。トップページにお詫び文のみが掲載されている 全 2 枚 拡大写真
 江崎グリコおよびグリコ通販センターは7日、同社の通販サイト「グリコネットショップ」から、顧客情報が流出したことを発表した。

 菓子・飲料などを販売する「グリコネットショップ(shop.glico.co.jp)」において、クレジットカード情報を含む顧客の個人情報、商品の配送先の個人情報が、不正アクセスにより外部に流出した。同社が別途運営する通販サイト「グリコダイレクトショップ」「スマイルビスコ」は対象外。

 1月29日にクレジットカード会社からカード情報流出の懸念について連絡を受け、調査を開始。2月29日に外部調査機関より最終調査報告書を受領し、今回の発表を行ったとのこと。

 被害者総数は明らかにされていないが、「2012年10月12日~2016年2月3日の期間に、グリコネットショップを利用したユーザー」が対象とのことで、かなりの大規模流出が考えられる。流出した可能性があるのは、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、クレジットカード情報(番号、有効期限、カード名義)、届け先情報、家族情報とのこと。

 対象者にはすでにダイレクトメールを発送するとともに、クレジットカード明細の確認などを呼びかけている。再発行などの手数料についても、ユーザーの負担とならないよう、各カード会社に依頼済みとのこと。所轄警察および所轄官庁にも報告済みという。

グリコ、通販サイトから個人情報が大量流出

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. イセトーにランサムウェア攻撃、阿波銀行・藤沢市・茅ヶ崎市にも影響

    イセトーにランサムウェア攻撃、阿波銀行・藤沢市・茅ヶ崎市にも影響

  2. 役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

    役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

  3. 「ネクストレベル」に不正アクセス、496,119 件のワーカーの個人情報流出

    「ネクストレベル」に不正アクセス、496,119 件のワーカーの個人情報流出

  4. ニデックインスツルメンツにランサムウェア攻撃、複数のサーバ内ファイルが暗号化被害

    ニデックインスツルメンツにランサムウェア攻撃、複数のサーバ内ファイルが暗号化被害

  5. KADOKAWA グループ複数サイトで障害、サイバー攻撃の可能性

    KADOKAWA グループ複数サイトで障害、サイバー攻撃の可能性

  6. 約 30 名の学生がフィッシング被害に ~ 明治薬科大学教員の M365 アカウントに不正アクセス

    約 30 名の学生がフィッシング被害に ~ 明治薬科大学教員の M365 アカウントに不正アクセス

  7. 日経BP従業員メールアカウントに不正アクセス、33名の個人情報流出の可能性

    日経BP従業員メールアカウントに不正アクセス、33名の個人情報流出の可能性

  8. オイレス工業にランサムウェア攻撃、生産活動に影響なし 出荷通常通り

    オイレス工業にランサムウェア攻撃、生産活動に影響なし 出荷通常通り

  9. IPA、中小企業向けの内部不正防止対策の報告書公開

    IPA、中小企業向けの内部不正防止対策の報告書公開

  10. 九州電力グループのキューヘンにランサムウェア攻撃、社内情報の一部が暗号化被害

    九州電力グループのキューヘンにランサムウェア攻撃、社内情報の一部が暗号化被害

ランキングをもっと見る