社内 CSIRT 構築時の現状評価、計画策定、専門業務を代行(CTC) | ScanNetSecurity
2022.10.01(土)

社内 CSIRT 構築時の現状評価、計画策定、専門業務を代行(CTC)

CTCは、企業内CSIRTの立ち上げから運用まで総合的に支援する「CSIRT構築・運用支援サービス」を提供開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は7月6日、企業内CSIRTの立ち上げから運用まで総合的に支援する「CSIRT構築・運用支援サービス」を同日より提供開始したと発表した。同サービスは、同社がセキュリティサービス提供で培ったノウハウに基づき、CSIRTの構築・運用を支援するもの。「CSIRTアセスメントサービス」「CSIRTプランニングサービス」「CSIRT運用支援サービス」で構成される。

CSIRTアセスメントサービスは、システムや情報資産の確認やオンサイトでの調査によって、セキュリティリスクの洗い出しを行う。CSIRTプランニングサービスは、ユーザの要件に応じたCSIRTの計画策定を支援する。CSIRT運用支援サービスは、インシデントの予防と対応の両面を支援する。

これらのサービスによって、予防面では脆弱性調査や脅威情報の収集、サイバー攻撃への演習、セキュリティルールの見直しなどを通してセキュリティレベルの維持・向上に貢献する。対応面では、システムを24時間365日遠隔監視する「CTCセキュリティ・オペレーション・センター(CTC-SOC)」と連携したインシデントの高度な調査・分析や、復旧支援により早期解決につなげ、再発防止策の提供も行う。同社は3年間で20社への導入を目指すとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. オンライン会議出席者の眼鏡から情報漏えい

    オンライン会議出席者の眼鏡から情報漏えい

  2. イエラエ CSIRT支援室 第 33 回 擬似マルウェアの実行から始まる、イエラエペネトレーションテストの実践的手法を大公開!

    イエラエ CSIRT支援室 第 33 回 擬似マルウェアの実行から始まる、イエラエペネトレーションテストの実践的手法を大公開!

  3. 協会けんぽの基幹システムに障害、健康保険証の発行や現金給付への影響も

    協会けんぽの基幹システムに障害、健康保険証の発行や現金給付への影響も

  4. JPCERT/CCによる「積極的サイバー防御(Active Cyber Defense)」論点整理

    JPCERT/CCによる「積極的サイバー防御(Active Cyber Defense)」論点整理

  5. デジタル庁「GビズID」のメール中継サーバに不正アクセス、約13,000件の迷惑メールを送信

    デジタル庁「GビズID」のメール中継サーバに不正アクセス、約13,000件の迷惑メールを送信

  6. 「ユニフォームタウン」への不正アクセスで63,565名分のカード情報が漏えい

    「ユニフォームタウン」への不正アクセスで63,565名分のカード情報が漏えい

  7. JR西日本グループの山陽SC開発サーバに不正アクセス、個人情報が流出した可能性を完全に否定できず

    JR西日本グループの山陽SC開発サーバに不正アクセス、個人情報が流出した可能性を完全に否定できず

  8. ガートナー、日本におけるセキュリティハイプサイクル2022 公開

    ガートナー、日本におけるセキュリティハイプサイクル2022 公開

  9. 次年度セキュリティ戦略立案中の方必聴、リスク環境の変化と手堅い対策の実装とは

    次年度セキュリティ戦略立案中の方必聴、リスク環境の変化と手堅い対策の実装とはPR

  10. サンソウシステムズが運用管理するサーバに不正アクセス、社内システムで障害が発生

    サンソウシステムズが運用管理するサーバに不正アクセス、社内システムで障害が発生

ランキングをもっと見る