KPMG のサイバーセキュリティ経営 (1) 経営者の 3 つの関心事とは | ScanNetSecurity
2019.11.15(金)

KPMG のサイバーセキュリティ経営 (1) 経営者の 3 つの関心事とは

「中村悠一氏は港区に本社を構える精密機器製造・販売企業のCEOだ。従業員は8,000名、国内だけでなく海外にも多数の販売・生産拠点を持ち、東証に上場して以来黒字経営を続けている。先日のグループ経営会議で頭を悩ませる報告を受けた」

特集 コラム
KPMGコンサルティング株式会社 サイバーセキュリティアドバイザリーサービス ディレクター 小川 真毅 氏
KPMGコンサルティング株式会社 サイバーセキュリティアドバイザリーサービス ディレクター 小川 真毅 氏 全 4 枚 拡大写真
…中村 悠一 氏(仮名)は港区に本社を構える精密機器製造・販売企業のCEOだ。従業員は8,000名、国内だけでなく海外にも多数の販売・生産拠点を持ち、東証に上場して以来黒字経営を続けている。生え抜きから営業、製造、経理、経営企画、海外駐在を経てCEOになり、業績順調な企業経営者である中村氏だが、先日の自社グループ経営会議で頭を悩ませる報告を受けた。

これまでも海外で自社製品の模倣品が見つかることは多々あったが、それらはすべて販売開始後しばらくしてからのことだった。しかし昨年ぐらいから、まだ研究開発段階にある自社製品に酷似した模倣品が廉価で新興国市場に出回っているとの報告を受けるようになった。さらに、海外で現地企業と連携して展開している消費者向けの直販ECサイトがサイバー攻撃を受け、顧客の個人情報が危うく漏洩しそうになるという事件も起きた。

中村氏は同業他社でセキュリティ事故が起こって業績悪化するのをまのあたりにするたび、次は我が身との不安を募らせている…


こうしたケースのように、多くの企業経営者は、自社の企業価値とサステナビリティを高めるうえでサイバーセキュリティ対策の強化が不可欠であることを認識し始めています。

《KPMGコンサルティング株式会社 サイバーセキュリティアドバイザリーサービス ディレクター 小川 真毅》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

    メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

  2. CrowdStrike Blog:新学期をさらに憂うつにさせるランサムウェア

    CrowdStrike Blog:新学期をさらに憂うつにさせるランサムウェア

  3. サイバーリスク増大予想するも準備はできていないと考える日本(ファイア・アイ)

    サイバーリスク増大予想するも準備はできていないと考える日本(ファイア・アイ)

  4. 独裁者御用達マルウェア「フィンフィッシャー」作成企業、ドイツのジャーナリストへ脅迫状 ~ 奴らは「ストライサンド効果」を知らないのか(The Register)

    独裁者御用達マルウェア「フィンフィッシャー」作成企業、ドイツのジャーナリストへ脅迫状 ~ 奴らは「ストライサンド効果」を知らないのか(The Register)

  5. 重要インフラ14分野による分野横断的演習を開催、約5,000名が参加(NISC)

    重要インフラ14分野による分野横断的演習を開催、約5,000名が参加(NISC)

  6. 「カードの不正使用を検知し凍結した」とする、MyJCB偽メール(フィッシング対策協議会)

    「カードの不正使用を検知し凍結した」とする、MyJCB偽メール(フィッシング対策協議会)

  7. 「5pb. Records div2 official shop」へ不正アクセス、カード情報が流出(コムス)

    「5pb. Records div2 official shop」へ不正アクセス、カード情報が流出(コムス)

  8. Web上で行えるAndroidアプリの脆弱性診断サービス、LACへ譲渡(ラック)

    Web上で行えるAndroidアプリの脆弱性診断サービス、LACへ譲渡(ラック)

  9. 日米 ISAC間でサイバー脅威情報共有を強化(総務省)

    日米 ISAC間でサイバー脅威情報共有を強化(総務省)

  10. マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

ランキングをもっと見る