IoT と AI がもたらすパラダイムシフト「PDCA」から「CAPD」へ ~ 電機大 安田学長 | ScanNetSecurity
2020.01.27(月)

IoT と AI がもたらすパラダイムシフト「PDCA」から「CAPD」へ ~ 電機大 安田学長

「セキュリティフォーラム2017」が2月8日開催された。基調講演は東京電機大学学長安田浩氏による、IoT、AIがとサイバーセキュリティに与える影響と考え方。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
東京電機大学学長でありJSSEC代表理事でもある安田浩氏
東京電機大学学長でありJSSEC代表理事でもある安田浩氏 全 7 枚 拡大写真
日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)が主催した「セキュリティフォーラム2017」が2月8日開催された。基調講演は東京電機大学学長でありJSSEC代表理事でもある安田浩。IoT、AIなど次のパラダイムシフトにつながるテクノロジートレンドが、Webの世界とサイバーセキュリティに与える影響と考え方に関する講演を行った。

安田氏は、初期のWebの技術的特徴は画像同報通信にあるといい、ホームページや掲示板など誰でも情報発信ができる時代をもたらした。これをWeb1.0とするなら、Web2.0は双方向感性通信となり、ブログやSNSによるユーザー参加型の通信、つまりネットの井戸端会議の時代だ。

●Web3.0に求められるもの

現在はIoT、IoEによってすべての物と知識(情報)が接続されるWeb3.0だという。Web3.0では、IoTによって収集されたあらゆる情報を使い、VRやAIによって時間軸をさかのぼった情報にもアクセス可能になる。時間軸を超えるというのは、あらゆるものにつながるIoT/IoEの情報を使えば、そのときに起きた事象を実際の記録データをベースに再現できるということだ。過去の資料から出来事をモデル化して「こうだっただろう」と再現するのではなく、そのとき起こった事実を現場のセンシングデータによって再現できる。

Web3.0の時代には、膨大な情報を収集、管理する基盤、アクセスするための大容量のネットワーク、情報再利用のための巨大アーカイブ、あるいは個人型検索エンジンやプライベートアーカイブといった情報インフラが必要となる。安田氏は、Web3.0のキーとなる概念として世界最先端IT国家創造宣言、超スマート社会(Society 5.0)、インダストリー4.0、IoT/IoE、AAL(Active Assistant Living:積極的自立支援)、DDI(Data Driven Innovation:データ駆動型革新)、CPS(Cyber Physical System)、ビッグデータ/ディープラーニング、AIネットワーク化/自己学習AIの9つを挙げた。

しかし、これらを役立つものにするには「安心・安全環境の構築が必須であり、それを担保するのは透明性と匿名性である。(安田氏)」とし、セキュアな情報基盤の存在を強調した。

どういうことだろうか。

《中尾 真二》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 社内パソコンが「Emotet」に感染、取引先からの連絡で判明(岐阜新聞社)

    社内パソコンが「Emotet」に感染、取引先からの連絡で判明(岐阜新聞社)

  2. iOS、Androidに過剰な利用料金課すフリースウェア、ルールの紙一重を突く(ソフォス)

    iOS、Androidに過剰な利用料金課すフリースウェア、ルールの紙一重を突く(ソフォス)

  3. 「県税督促状」印刷ミス分を社外に持ち出し大阪駅のゴミ箱に廃棄(さくらケーシーエス)

    「県税督促状」印刷ミス分を社外に持ち出し大阪駅のゴミ箱に廃棄(さくらケーシーエス)

  4. メール送信者を偽った迷惑メールを確認、社内からの情報流出は否定(エマ・ピクチャーズ)

    メール送信者を偽った迷惑メールを確認、社内からの情報流出は否定(エマ・ピクチャーズ)

  5. マルウェアは「Emotet」が3カ月連続でトップに--月例レポート(チェック・ポイント)

    マルウェアは「Emotet」が3カ月連続でトップに--月例レポート(チェック・ポイント)

  6. 富士ゼロックスの複数のスマホアプリに盗聴などが行われる脆弱性(JVN)

    富士ゼロックスの複数のスマホアプリに盗聴などが行われる脆弱性(JVN)

  7. 脆弱性ではXSS、製品はAndroidおよびLinuxが上位を占める--JVN登録状況(IPA)

    脆弱性ではXSS、製品はAndroidおよびLinuxが上位を占める--JVN登録状況(IPA)

  8. 脆弱性届出、製品別の1位は「スマホアプリ」--四半期レポート(IPA)

    脆弱性届出、製品別の1位は「スマホアプリ」--四半期レポート(IPA)

  9. 不正アクセスによる情報流出、送信ファイルを特定するためのログを攻撃者が消去(三菱電機)

    不正アクセスによる情報流出、送信ファイルを特定するためのログを攻撃者が消去(三菱電機)

  10. 「IE」のJScriptスクリプトエンジンに未対策の脆弱性、悪用も確認(JVN)

    「IE」のJScriptスクリプトエンジンに未対策の脆弱性、悪用も確認(JVN)

ランキングをもっと見る