ランサムウェア実被害は22%、セキュリティ投資は1千万以上が4割--実態調査(KPMGコンサルティング) | ScanNetSecurity
2024.06.18(火)

ランサムウェア実被害は22%、セキュリティ投資は1千万以上が4割--実態調査(KPMGコンサルティング)

KPMGコンサルティングは、企業のサイバーセキュリティに関する実態調査「KPMGサイバーセキュリティサーベイ2017」を発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー
KPMGコンサルティング株式会社は6月26日、企業のサイバーセキュリティに関する実態調査「KPMGサイバーセキュリティサーベイ2017」を発表した。同調査は4月17日から5月15日、国内の上場企業および未上場の売上高500億円以上の企業の情報セキュリティ責任者を対象に、郵送によるアンケート票の送付・回収により実施したもの。有効回答数は457件。

調査結果によると、国内企業の約3割(27.4%)が、過去1年間に実被害の有無を問わず不正侵入を受けていた。また、回答企業の22.3%はランサムウェアによる業務上の被害が発生していた。CSIRTについては、設置済みと回答した企業は2割弱にとどまり、40%が設置予定がないと回答している。このうち12.7%は売上高5,000億円以上の企業であった。

善管注意義務違反や株主代表訴訟など、情報漏えいなどが発生した際の法的リスクを考慮した具体的な準備や対策については、「できているともできていないとも言えない」を含めると、回答企業の77%が実施できていないことがわかった。また回答企業の70%は、インターネットの遮断が数日間に及んだ場合の、事業上の継続・縮退のための手段を確保できていないことも明らかになっている。

サイバーセキュリティ対策のための「1年間の投資額」については、回答企業の40%が1,000万円以上と回答しており、7.2%の企業は1億円以上を投資すると答えた。また、2017年度の投資額は前年度に比べ「増加する」と回答した企業は30.5%で、5.5%の企業は前年度に比べ5割以上増加すると回答している。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 約 30 名の学生がフィッシング被害に ~ 明治薬科大学教員の M365 アカウントに不正アクセス

    約 30 名の学生がフィッシング被害に ~ 明治薬科大学教員の M365 アカウントに不正アクセス

  2. グリコの基幹システム障害、一部商品出荷を 6 / 25 以降再開

    グリコの基幹システム障害、一部商品出荷を 6 / 25 以降再開

  3. イセトーにランサムウェア攻撃、阿波銀行・藤沢市・茅ヶ崎市にも影響

    イセトーにランサムウェア攻撃、阿波銀行・藤沢市・茅ヶ崎市にも影響

  4. オイレス工業にランサムウェア攻撃、生産活動に影響なし 出荷通常通り

    オイレス工業にランサムウェア攻撃、生産活動に影響なし 出荷通常通り

  5. 役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

    役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

  6. ニデックインスツルメンツにランサムウェア攻撃、複数のサーバ内ファイルが暗号化被害

    ニデックインスツルメンツにランサムウェア攻撃、複数のサーバ内ファイルが暗号化被害

  7. KADOKAWA グループ複数サイトで障害、サイバー攻撃の可能性

    KADOKAWA グループ複数サイトで障害、サイバー攻撃の可能性

  8. 米政府、病院 IT システムの自動パッチ適用ツールに 80 億円投入

    米政府、病院 IT システムの自動パッチ適用ツールに 80 億円投入

  9. 実在しないアドレスを使用 ~ 東京大学役員を装った迷惑メールに注意呼びかけ

    実在しないアドレスを使用 ~ 東京大学役員を装った迷惑メールに注意呼びかけ

  10. 日経BP従業員メールアカウントに不正アクセス、33名の個人情報流出の可能性

    日経BP従業員メールアカウントに不正アクセス、33名の個人情報流出の可能性

ランキングをもっと見る