「セキュリティ」が前年に引き続き最優先のIT投資領域に(IDC Japan) | ScanNetSecurity
2024.07.24(水)

「セキュリティ」が前年に引き続き最優先のIT投資領域に(IDC Japan)

IDC Japanは、IT投資動向に関する国内CIO調査の結果を発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー
社内ITエンジニアが開発を行うIT領域(全体の上位5項目のみ抜粋しグラフ化: 従業員規模別)
社内ITエンジニアが開発を行うIT領域(全体の上位5項目のみ抜粋しグラフ化: 従業員規模別) 全 1 枚 拡大写真
IDC Japan株式会社は7月4日、IT投資動向に関する国内CIO調査の結果を発表した。この調査は、国内企業および団体1,197社のCIOまたはそれに準ずる人を対象に実施したもの。調査結果では、2017年度の国内企業のIT支出計画は、全体では前年比で「変わらない」とする企業が60%以上を占めた。しかし、大企業では「増加」との回答がもっとも多く、業務拡大などを背景にIT投資が活発化している。

2016年度実績では、相次ぐ情報セキュリティ事件を背景に、引き続きすべての従業員規模・産業分野でセキュリティに関する項目がトップとなった。社内ITエンジニアが開発を行うIT領域では、「セキュリティ」がすべての企業規模でトップとなり、「営業系システム」「システム間連携」「インフラ新規構築・更新」「コンプライアンス対応」と続いた。一方で、2017年度に計画されているIT投資領域で用いられるテクノロジー・手法として、「AI(Artificial Intelligence)」が前年度よりも大きく回答率を伸ばしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. ランサムウェア集団が謝罪

    ランサムウェア集団が謝罪

  2. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  3. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  4. 開発元にソフトウェアの製造責任を負わせるのは合理的?

    開発元にソフトウェアの製造責任を負わせるのは合理的?

  5. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

ランキングをもっと見る
PageTop