IoT製品や組み込み機器などの脆弱性をハッカー視点で診断するラボを開設(PwCサイバーサービス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

IoT製品や組み込み機器などの脆弱性をハッカー視点で診断するラボを開設(PwCサイバーサービス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

ハッカー視点でのセキュリティ評価
ハッカー視点でのセキュリティ評価 全 1 枚 拡大写真
PwCサイバーサービス合同会社は12月5日、IoT製品、組み込み機器などの脆弱性を診断する「ハードウェアハッキング・ラボ」を開設し、稼働を開始したと発表した。急速に普及するIoT化は、すべての産業に恩恵をもたらす反面、サイバー攻撃を受けるリスクは高まっており、企業は、情報システムはもちろん、製品、設備を含む事業全体のセキュリティを担保することが急務となっている。

ハードウェアハッキング・ラボは、従来のネットワークを対象とした脆弱性診断では検知できない、車両システムなどのIoT製品や組み込み機器の検査に特化した研究施設。攻撃者と同じ目線で、完全なブラックボックステストを実施できる能力と設備を有しているという。具体的には、IoT機器や組み込み機器、ファームウェア、製品の脆弱性診断、ハッカー視点でのセキュリティ評価などを行う。車両システム単体のハッキングテストだけでなく、スマートフォンなどのスマートデバイス、V2XやOTAといった車両システムと連携する機器やサーバも含めた総合的なハッキングテストサービスも提供する。

《吉澤 亨史》

この記事の写真

/

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 情報漏えいをする人は会社にとって大切な人材~働き方改革成功の鍵を握るセキュリティのポイント(ワンビ)[Security Days Spring 2018]

    情報漏えいをする人は会社にとって大切な人材~働き方改革成功の鍵を握るセキュリティのポイント(ワンビ)[Security Days Spring 2018]PR

  2. プレスと自分の無力さを実感したフィンランドの2日間--F-Secureイベント

    プレスと自分の無力さを実感したフィンランドの2日間--F-Secureイベント

  3. 米ATMハッキング被害「ジャックポッティング」手法と対策(The Register)

    米ATMハッキング被害「ジャックポッティング」手法と対策(The Register)

  4. 不正アクセスにより情報漏えいの可能性(産業技術総合研究所)

    不正アクセスにより情報漏えいの可能性(産業技術総合研究所)

  5. 次世代FWの仮想マシンをGoogle Cloudで提供(フォーティネットジャパン)

    次世代FWの仮想マシンをGoogle Cloudで提供(フォーティネットジャパン)

  6. JPドメインにおける「送信ドメイン認証技術」の設定状況調査(総務省)

    JPドメインにおける「送信ドメイン認証技術」の設定状況調査(総務省)

  7. ランサムウェアの次なる形態「中抜き」(The Register)

    ランサムウェアの次なる形態「中抜き」(The Register)

  8. [セキュリティ ホットトピック] 「Meltdown」と「Spectre」問題点と最新動向おさらい

    [セキュリティ ホットトピック] 「Meltdown」と「Spectre」問題点と最新動向おさらい

  9. 「Quagga bgpd」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

    「Quagga bgpd」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

  10. 「静岡でiCloudへのサインインがあった」、偽Appleメールを確認(フィッシング対策協議会)

    「静岡でiCloudへのサインインがあった」、偽Appleメールを確認(フィッシング対策協議会)

ランキングをもっと見る