工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第13回「ふたりの吉沢」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.07.16(火)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第13回「ふたりの吉沢」

「なにを言ってるんです? サムズブロスの社員が周りにいて、監視カメラにも映ってたはずじゃないですか」

特集 コラム
>>前回

翌日、オレは身上調査の結果を持ってサムズワンズの山岡を訪ねた。

会議室に通されて、しばらく待つと山岡がやってきた。オレは身上調査報告書をぽんと山岡の前に置く。

「安心していい。あんたも含め、誰も特に問題はなかった」

「安心……自分については心配はしていませんでした。なにもやましいことはありませんから。しかし他の人物も問題なかったとなるとやっかいですね」

山岡は報告書をぱらぱらめくりながらつぶやいた。

「犯人は吉沢だ。アリバイは崩れた」

オレはにやりと笑って断言した。山岡が顔を上げる。

「本当ですか? いったい、どうやってアリバイを偽装したんです? だって、たくさんの社員が周りにいたんですよね。それに監視カメラも」

そうだ。吉沢のアリバイは完璧に見えた。だが、大事なことを見落としていた。

《一田 和樹》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 華為のウェブに■■■■の脆弱性、■■■■の顧客情報や■■■■にリスクが及んだ可能性、■■■■を修復済(The Register)

    華為のウェブに■■■■の脆弱性、■■■■の顧客情報や■■■■にリスクが及んだ可能性、■■■■を修復済(The Register)

  2. 仮想通貨不正流出判明、被害額概算約35億円(リミックスポイント、ビットポイントジャパン)

    仮想通貨不正流出判明、被害額概算約35億円(リミックスポイント、ビットポイントジャパン)

  3. 「カテエネ」へパスワードリスト型攻撃、個人情報最大234件閲覧可能状態に(中部電力)

    「カテエネ」へパスワードリスト型攻撃、個人情報最大234件閲覧可能状態に(中部電力)

  4. 複数の高度な機能を持つランサムウェア「Sodin」、アジアを中心に拡大(カスペルスキー)

    複数の高度な機能を持つランサムウェア「Sodin」、アジアを中心に拡大(カスペルスキー)

  5. Windowsの複数のDNS関連機能に脆弱性(JPRS)

    Windowsの複数のDNS関連機能に脆弱性(JPRS)

  6. キャッシュDNSサーバ「Knot Resolver」に複数の脆弱性(JPRS)

    キャッシュDNSサーバ「Knot Resolver」に複数の脆弱性(JPRS)

  7. グローバルIPを割り振るモバイルルータなどによる感染事例が国内で増加(Secureworks)

    グローバルIPを割り振るモバイルルータなどによる感染事例が国内で増加(Secureworks)

  8. 犯罪者に身代金支払い顧客へマージン上乗せ ~ 英データ復旧サービス大繁盛(The Register)

    犯罪者に身代金支払い顧客へマージン上乗せ ~ 英データ復旧サービス大繁盛(The Register)

  9. 「ご登録パスワード変更完了のお知らせ」、ウェブマネーを騙るメール確認(フィッシング対策協議会)

    「ご登録パスワード変更完了のお知らせ」、ウェブマネーを騙るメール確認(フィッシング対策協議会)

  10. 無料セキュリティ調査ツールがメモリ領域にも対応(ラック)

    無料セキュリティ調査ツールがメモリ領域にも対応(ラック)

ランキングをもっと見る