Scan勉強会「サイバー空間における日本企業及団体の情報漏えい実態」開催(イード) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.13(木)

Scan勉強会「サイバー空間における日本企業及団体の情報漏えい実態」開催(イード)

イード ScanNetSecurityは、Scan勉強会#03「サイバー空間における日本企業及団体の情報漏えい実態」を12月18日に開催すると発表した。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
株式会社イード ScanNetSecurityは、Scan勉強会#03「サイバー空間における日本企業及団体の情報漏えい実態」を12月18日に開催すると発表した。この勉強会は、同社が「サイバー空間における日本企業及団体の情報漏えい実態調査2017」を10月に刊行した記念として開催される。

同資料は、インターネット情報漏えい事故調査サービス「PassLeak」の協力のもと、DropBoxやTwitter等の、海外で発生した大規模情報漏えい事故計42事案を調査し、総数約25億件の漏えいデータの中から、ドメイン名称により日本の企業及び団体と推定される約一千万件の漏えいデータを分析したもの。

勉強会では「PassLeak」を運営するサイバーリサーチ株式会社 代表取締役 藤田 有悟 氏を招き、刊行資料には記載できなかった、日本企業及び団体のメールアドレスやアカウントが、どのようにインターネットに存在し、潜在的脅威となるかを解説する。

勉強会は12月18日(月)、東京都新宿区新宿住友ビルの同社大会議室「天」において、16時(15時40分開場)より行われる。参加定員は20名、参加費は無料。また参加者には、総漏えい件数と、漏えい事故毎の件数内訳の簡易個社レポートを会場でハードコピー(A4 1ページ)にて提供する(企業ドメイン1件に対し1部)。受講も仕込みはScan勉強会#03サイトから。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. CSIRT 担当者は J. D. サリンジャーを読むべきか ~ やらかし事例から学ぶセキュリティ

    CSIRT 担当者は J. D. サリンジャーを読むべきか ~ やらかし事例から学ぶセキュリティ

  2. 任天堂グッズ販売Webサイトへ4ヶ月にわたり不正アクセス、カード情報が流出(エディットモード)

    任天堂グッズ販売Webサイトへ4ヶ月にわたり不正アクセス、カード情報が流出(エディットモード)

  3. 全くの無知よりも予備知識がある方がフィッシング詐欺にかかりやすい:米大学研究結果(The Register)

    全くの無知よりも予備知識がある方がフィッシング詐欺にかかりやすい:米大学研究結果(The Register)

  4. きみに読んでほしい3冊:セキュリティブックガイド 第一回   NRIセキュアテクノロジーズ 小田島 潤「計算機基礎」

    きみに読んでほしい3冊:セキュリティブックガイド 第一回 NRIセキュアテクノロジーズ 小田島 潤「計算機基礎」

  5. 企業のアタックサーフェス別クリプトジャッキング感染状況

    企業のアタックサーフェス別クリプトジャッキング感染状況

  6. 車の屋根の上に個人情報記載名簿を載せ発進・紛失(高岡市)

    車の屋根の上に個人情報記載名簿を載せ発進・紛失(高岡市)

  7. サイボウズ「Garoon」および「リモートサービス」に脆弱性(JVN)

    サイボウズ「Garoon」および「リモートサービス」に脆弱性(JVN)

  8. 【Scan PREMIUM 記事配信予告】あの男が帰ってくる! ~ 翼の折れたペネトレーションテスター

    【Scan PREMIUM 記事配信予告】あの男が帰ってくる! ~ 翼の折れたペネトレーションテスター

  9. 「i-FILTER」に悪意あるスクリプトを実行される複数の脆弱性(JVN)

    「i-FILTER」に悪意あるスクリプトを実行される複数の脆弱性(JVN)

  10. 事務処理の誤りでふるさと納税寄付者の全データを掲載(山形市)

    事務処理の誤りでふるさと納税寄付者の全データを掲載(山形市)

ランキングをもっと見る