Joomla! の Google Map Landkarten コンポーネントにおける値検証不備に起因する SQL Injection の脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.23(水)

Joomla! の Google Map Landkarten コンポーネントにおける値検証不備に起因する SQL Injection の脆弱性(Scan Tech Report)

脆弱性と脅威 エクスプロイト

◆概要

世界的なシェアを誇る CMS ソフトウェア である Joomla! のコンポーネントの一つである Google Map Landkarten に、SQL Injectionの脆弱性が報告されています。攻撃者に脆弱性を悪用されてしまった場合は、情報が漏洩してしまう危険性があり、最悪の場合は Web サーバの権限でホストの制御権を奪われてしまう可能性があります。Joomla! の利用者はコンポーネントの利用状況を確認し、アップデートにより対策してください。

◆分析者コメント

脆弱性は Joomla! にデフォルトではインストールされていないコンポーネントに存在するものですが、コンポーネントの性質上、商業的な目的の Web サイトでは利用される可能性が高いコンポーネントであると考えられます。Joomla! により構築された Web サイトを運営している場合は、コンポーネントの利用状況を確認し、コンポーネントのアップデートやアンインストールにより対策することを推奨します。

◆深刻度(CVSS)

本記事執筆時点 (2018 年 3 月 4 日) で CVSS 値の公開情報を確認していません。


◆影響を受けるソフトウェア

Google Map Landkarten の 4.2.3 以下が脆弱性の影響を受けると報告されています。

◆解説

Google Map Landkarten は Joomla! のコンポーネントの一つであり、Web サイトと Google Map の連携機能を実装するためのものです。

《株式会社ラック サイバー・グリッド研究所》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 日本人2億件の個人情報が中国地下市場に出品、大半が過去の漏えい情報(ファイア・アイ)

    日本人2億件の個人情報が中国地下市場に出品、大半が過去の漏えい情報(ファイア・アイ)

  2. 「スピードラーニング」のデータをオークション販売目的でアップロード(ACCS)

    「スピードラーニング」のデータをオークション販売目的でアップロード(ACCS)

  3. メールサーバーが不正アクセス、不特定多数のユーザーへメール送信(ジラフ)

    メールサーバーが不正アクセス、不特定多数のユーザーへメール送信(ジラフ)

  4. パスワードを使わないログインを提供、すでに200万IDが利用(Yahoo! JAPAN)

    パスワードを使わないログインを提供、すでに200万IDが利用(Yahoo! JAPAN)

  5. ここが変だよ日本のセキュリティ 第33回 「君は生き延びることができるか!? セキュリティの半分は信頼で出来ている」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第33回 「君は生き延びることができるか!? セキュリティの半分は信頼で出来ている」

  6. MS Wordの「メール一括送信」機能を誤って選択、個人情報誤送信(JNSA)

    MS Wordの「メール一括送信」機能を誤って選択、個人情報誤送信(JNSA)

  7. ルータのDNS設定を改ざんする「Roaming Mantis」攻撃の脅威が拡大(カスペルスキー)

    ルータのDNS設定を改ざんする「Roaming Mantis」攻撃の脅威が拡大(カスペルスキー)

  8. 教育現場でiPadの評判急降下の理由(The Register)

    教育現場でiPadの評判急降下の理由(The Register)

  9. BIND 9.12.xに、namedが異常終了を起こしサービスが停止する脆弱性(JPRS、JVN)

    BIND 9.12.xに、namedが異常終了を起こしサービスが停止する脆弱性(JPRS、JVN)

  10. 5月25日から施行のGDPR、法務部や経営企画の理解に遅れ(トレンドマイクロ)

    5月25日から施行のGDPR、法務部や経営企画の理解に遅れ(トレンドマイクロ)

ランキングをもっと見る