最新ベータ版のバグ発見報奨金を最高10万ドルに、透明性プログラムの一環(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2022.10.01(土)

最新ベータ版のバグ発見報奨金を最高10万ドルに、透明性プログラムの一環(カスペルスキー)

カスペルスキーは、同社のバグ報奨金プログラム「Kaspersky Bug Bounty Program」を強化し、カスペルスキー主要製品の重大な脆弱性情報に対する報奨金を、最高10万ドルに増額したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社カスペルスキーは3月13日、同社のバグ報奨金プログラム「Kaspersky Bug Bounty Program」を強化し、カスペルスキー主要製品の重大な脆弱性情報に対する報奨金を、最高10万ドルに増額したと発表した。同プログラムは、同社の透明性への取り組み「Global Transparency Initiative」の一環として、2016年より実施しているもの。

報奨金の対象となるのは、次の同社製品における未知の脆弱性の発見。
・Kaspersky Internet Security 2019(最新ベータ版)
・Kaspersky Endpoint Security 11(最新ベータ版)
※各製品は、Windows8.1以上の環境で、最新版がインストールされている必要がある。

最高額10万ドルの対象となるのは、製品データベース更新チャネルからリモートコード実行が可能で、ユーザに気づかれないように製品の上位権限を奪い、システムの再起動にも影響を受けないマルウェアの実行ができるバグの発見。リモートコード実行に関連するその他の脆弱性には、5,000~2万ドルの報奨金が支払われる。ローカル権限昇格や、極秘データの開示につながるバグの発見も、報奨金の対象となる。

プログラムへの参加資格は、Kaspersky Bug Bounty Programのパートナーであり、HackerOneのすべてのメンバーとなっている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. オンライン会議出席者の眼鏡から情報漏えい

    オンライン会議出席者の眼鏡から情報漏えい

  2. イエラエ CSIRT支援室 第 33 回 擬似マルウェアの実行から始まる、イエラエペネトレーションテストの実践的手法を大公開!

    イエラエ CSIRT支援室 第 33 回 擬似マルウェアの実行から始まる、イエラエペネトレーションテストの実践的手法を大公開!

  3. 協会けんぽの基幹システムに障害、健康保険証の発行や現金給付への影響も

    協会けんぽの基幹システムに障害、健康保険証の発行や現金給付への影響も

  4. JPCERT/CCによる「積極的サイバー防御(Active Cyber Defense)」論点整理

    JPCERT/CCによる「積極的サイバー防御(Active Cyber Defense)」論点整理

  5. デジタル庁「GビズID」のメール中継サーバに不正アクセス、約13,000件の迷惑メールを送信

    デジタル庁「GビズID」のメール中継サーバに不正アクセス、約13,000件の迷惑メールを送信

  6. 「ユニフォームタウン」への不正アクセスで63,565名分のカード情報が漏えい

    「ユニフォームタウン」への不正アクセスで63,565名分のカード情報が漏えい

  7. JR西日本グループの山陽SC開発サーバに不正アクセス、個人情報が流出した可能性を完全に否定できず

    JR西日本グループの山陽SC開発サーバに不正アクセス、個人情報が流出した可能性を完全に否定できず

  8. ガートナー、日本におけるセキュリティハイプサイクル2022 公開

    ガートナー、日本におけるセキュリティハイプサイクル2022 公開

  9. 次年度セキュリティ戦略立案中の方必聴、リスク環境の変化と手堅い対策の実装とは

    次年度セキュリティ戦略立案中の方必聴、リスク環境の変化と手堅い対策の実装とはPR

  10. サンソウシステムズが運用管理するサーバに不正アクセス、社内システムで障害が発生

    サンソウシステムズが運用管理するサーバに不正アクセス、社内システムで障害が発生

ランキングをもっと見る