2017年に盗難・漏えいしたデータ数は前年比89%増加の26億件(ジェムアルト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.22(日)

2017年に盗難・漏えいしたデータ数は前年比89%増加の26億件(ジェムアルト)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

2017年に漏えいしたデータ数は26億件
2017年に漏えいしたデータ数は26億件 全 3 枚 拡大写真
ジェムアルト株式会社は4月11日、世界中で公表されたデータ漏えいインシデントのデータベースである「Breach Level Index」(BLI:情報漏えい危険度指数)の2017年の集計結果を発表した。これによると、2017年は世界で1,765件のデータ侵害事件が発生し、盗難・漏えいしたデータ件数は前年比89%増加の約26億件となった。1,765件のデータ侵害事件のうち、個人情報が69%を占めた。データ件数では前年比73%増の6億となっている。

これにより、調査を始めた2013年以来、100億件以上のデータが漏えいしたことになり、これは平均して毎日700万件以上、毎秒約82件のデータが漏えいしていることになる。データの漏えい源は、データ侵害事件数では「悪意ある部外者」が72%でもっとも多く、「不慮の事故」(18%)、「悪意のある内部者」(9%)、「ハクティビスト」(1%)、「国の諜報機関」(1%)と続いた。ただし、漏えいデータ数では「悪意のある部外者」(23%)、「不慮の事故」(76%)、「悪意のある内部者」(117%)と、いずれも増加している。

業種別では、データ侵害事件数では「医療」(27%)、「金融」(12%)、「教育機関」(11%)、「政府機関」(11%)の順で多く発生しており、漏洩したデータ件数では「政府機関」(18%)、「テクノロジー」(16%)、「金融」(9%)の順となっている。

《吉澤 亨史》

この記事の写真

/

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. サイバーインテリジェンス入門~マキナレコード軍司氏講演

    サイバーインテリジェンス入門~マキナレコード軍司氏講演

  2. メールアカウントを不正メール送信に利用された件で、再発防止策を発表(GSX)

    メールアカウントを不正メール送信に利用された件で、再発防止策を発表(GSX)

  3. ロシアにて大規模なIPブロッキング、SteamやTwitterなどにも大きな影響

    ロシアにて大規模なIPブロッキング、SteamやTwitterなどにも大きな影響

  4. 「はるか夢の址」アップロード者3名を逮捕、昨年逮捕された9名と共謀(ACCS)

    「はるか夢の址」アップロード者3名を逮捕、昨年逮捕された9名と共謀(ACCS)

  5. 不正アクセスにより健診すずめ通信の会員情報が14,542件が流出(尼崎市)

    不正アクセスにより健診すずめ通信の会員情報が14,542件が流出(尼崎市)

  6. 長期休暇における対策を紹介、偽セキュリティソフトなどの相談事例も(IPA)

    長期休暇における対策を紹介、偽セキュリティソフトなどの相談事例も(IPA)

  7. マインクラフトユーザーを狙ったマルウェア問題への対策を実施(Mojang)

    マインクラフトユーザーを狙ったマルウェア問題への対策を実施(Mojang)

  8. 「Drupal」の脆弱性を狙うアクセスの増加を確認(警察庁)

    「Drupal」の脆弱性を狙うアクセスの増加を確認(警察庁)

  9. Oracleが複数製品のクリティカルパッチアップデートを公開(JPCERT/CC、IPA)

    Oracleが複数製品のクリティカルパッチアップデートを公開(JPCERT/CC、IPA)

  10. 内視鏡手術画像データ他126名の個人情報含む外付HD紛失(相模野病院)

    内視鏡手術画像データ他126名の個人情報含む外付HD紛失(相模野病院)

ランキングをもっと見る