「安易なブロッキングはインターネットの円滑な運営を阻害」、対応に警鐘(JPNIC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

「安易なブロッキングはインターネットの円滑な運営を阻害」、対応に警鐘(JPNIC)

製品・サービス・業界動向 業界動向

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)は4月12日、後藤滋樹理事長の名義で「政府によるサイトブロッキング要請報道への当センターの見解」を発表した。この発表は、インターネット上で漫画や雑誌を無料で読める海賊版Webサイトに対するアクセスを遮断(ブロッキング)するよう、 政府がインターネット接続事業者に要請する調整がなされているとの報道を受けたもの。

発表によると、現在のグローバルインターネットでは、さまざまな事情により局所的・地域的に何らかの制限が通信にかけられることがある。日本国内でも、悪意を持ったインターネット利用への対応のために、やむを得ず一部の通信を選択的に停止することが行われいる。ただし、このような行為はインターネット全体に影響を及ぼさないように慎重な配慮と厳密な要件の下で行われている。

一般的にブロッキング等の意図的な通信制御は、可用性の低下を招く危険性があり、結果としてインターネットの円滑な運営が損なわれることがあると指摘。インターネット上での他者への権利侵害は適切に対応されるべきだが、その手法にブロッキングを用いることは、法的および技術的見地に基づく慎重な検討および厳密な要件の適用が必要であるとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 複数サイトの個人情報流出、データベース設定に問題あり(ひのでやエコライフ研究所)

    複数サイトの個人情報流出、データベース設定に問題あり(ひのでやエコライフ研究所)

  2. 県立歴史館ホームページが改ざん被害、安全性が確認されるまで一時閉鎖に(長野県)

    県立歴史館ホームページが改ざん被害、安全性が確認されるまで一時閉鎖に(長野県)

  3. [鋭意準備中] 今年もあの方に Black Hat USA 2018 の見どころを聞きました

    [鋭意準備中] 今年もあの方に Black Hat USA 2018 の見どころを聞きました

  4. NTT持株、アカウント名特定する新たな脅威「Silhouette」発見(NTT)

    NTT持株、アカウント名特定する新たな脅威「Silhouette」発見(NTT)

  5. 不正アクセスによるWebサイトが改ざん被害に(日本セーリング連盟オリンピック強化委員会)

    不正アクセスによるWebサイトが改ざん被害に(日本セーリング連盟オリンピック強化委員会)

  6. [学術研究] 主要セキュリティ対策の費用対効果ランキング

    [学術研究] 主要セキュリティ対策の費用対効果ランキング

  7. URL 末尾が「死ね死ね死ね」ついに最期の時迎える TLS 1.0 / 1.1(The Register)

    URL 末尾が「死ね死ね死ね」ついに最期の時迎える TLS 1.0 / 1.1(The Register)

  8. サイバー保険加入者向けにサイバーインテリジェンス情報提供(MS&ADインターリスク総研)

    サイバー保険加入者向けにサイバーインテリジェンス情報提供(MS&ADインターリスク総研)

  9. 20年後の同窓会:米上院公聴会と、ハッカーが変えられなかった未来(1)発端(The Register)

    20年後の同窓会:米上院公聴会と、ハッカーが変えられなかった未来(1)発端(The Register)

  10. セキュリティポリシーを守らずUSBメモリを校外へ持ち出し紛失(横浜市)

    セキュリティポリシーを守らずUSBメモリを校外へ持ち出し紛失(横浜市)

ランキングをもっと見る