サイバーインテリジェンス入門~マキナレコード軍司氏講演 | ScanNetSecurity
2020.06.04(木)

サイバーインテリジェンス入門~マキナレコード軍司氏講演

株式会社マキナレコードは、同社パートナー企業である、ダークウェブの監視と分析を行う米 Flashpoint 社の創業メンバーやアナリストを招きセミナーを開催する。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
セキュリティ対策に活用するサイバーインテリジェンスを提供する株式会社マキナレコードは、同社パートナー企業である、ダークウェブの監視と分析を行う米 Flashpoint 社の創業メンバーやアナリストを招き、サイバーインテリジェンスを紹介するサイバーインテリジェンスセミナーを4月25日水曜日の午後、虎ノ門ヒルズで開催する。

セミナーの対象となるのは、金融・重要インフラ・政府・メーカー・IT企業などの産業で、CSIRT・PSOC・リスク管理・セキュリティ担当などに所属する、マネージャー層・事業部長・経営層など。特に「プロアクティブな」「費用対効果の高いセキュリティ対策を実施したい」と考えている人に向けているという。

Flashpoint 社は、ダークウェブ上に存在する 300 以上のサイバー犯罪者による情報交換が行われるフォーラムを日々監視、金融犯罪・サイバー攻撃・マルウェア分析・テロリズム・ハクティビスト・エクゼクティブプロテクションなど、事業全般に関わるビジネスリスクのインテリジェンスを、各国司法機関を含む各業界の最大手企業にサービスを提供する、サイバーインテリジェンスのリーディングカンパニー。

欧米ではすでに各企業や組織にインテリジェンス部門が存在し、ビジネスリスクについての脅威分析を事業戦略に盛り込むようになっているという。

登壇者は、株式会社マキナレコード 代表取締役 軍司祐介 氏をはじめとして、Flashpoint社 ファウンダーでインテリジェンスアナリストの Laith Alkhouri 氏、同 セールス担当バイスプレジデントの Brian Costello 氏、同 インテリジェンスアナリストの Matt Dellon 氏が登壇し、「サイバーインテリジェンスとは」「事業戦略に、どのようにインテリジェンスを活用するか」「テロや物理的な脅威とその対策としてのインテリジェンスの重要性」「日本でのインテリジェンスを事業戦略に組み込む重要性」などをキーワードに講演が行われる予定。

軍司祐介氏は本誌 ScanNetSecurity の連載「Heart of Darknet - インターネット闇の奥」でお馴染みだが「本人の話は文章の倍は面白い(担当編集者談)」と言われ、臨場感と説得力のある講演で、まだ深く理解されているとはいえないサイバーインテリジェンスに対する啓発が行われることが期待される。

日時:2018年4月25日(水) 13:00~17:00
定員:30人
会場:虎ノ門ヒルズ 東京都港区虎ノ門一丁目23番1号
申込URL: https://atnd.org/events/96266

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. セキュリティ診断の「切り込み隊長」、イエラエセキュリティが拓くフォレンジックの先にある地平

    セキュリティ診断の「切り込み隊長」、イエラエセキュリティが拓くフォレンジックの先にある地平

  2. 職員の個人情報流出、54歳主査懲戒免職(弘前市)

    職員の個人情報流出、54歳主査懲戒免職(弘前市)

  3. エアギャップ攻撃ツール Ramsay が日本で発見された可能性/北朝鮮による防衛・航空宇宙分野の攻撃増加 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

    エアギャップ攻撃ツール Ramsay が日本で発見された可能性/北朝鮮による防衛・航空宇宙分野の攻撃増加 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

  4. 不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

    不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

  5. テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

    テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

  6. 1人4万円損害賠償支払い、愛知県の新型コロナ感染者 Web 掲載事故 ~ 過去判例を参考

    1人4万円損害賠償支払い、愛知県の新型コロナ感染者 Web 掲載事故 ~ 過去判例を参考

  7. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  8. 愛知県の新型コロナウイルス感染者の氏名等495件誤掲載

    愛知県の新型コロナウイルス感染者の氏名等495件誤掲載

  9. 今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

    今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

  10. 日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

    日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

ランキングをもっと見る