東南アジア地域を対象とした「海外拠点セキュリティ現状調査サービス」(GSX、EPCS) | ScanNetSecurity
2024.07.23(火)

東南アジア地域を対象とした「海外拠点セキュリティ現状調査サービス」(GSX、EPCS)

GSXは、EPCSと新たなビジネス開発や協業事業に着手したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
海外拠点セキュリティ現状調査サービス
海外拠点セキュリティ現状調査サービス 全 1 枚 拡大写真
グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)は5月21日、株式会社EPコンサルティングサービス(EPCS)と新たなビジネス開発や協業事業に着手したと発表した。情報セキュリティ専門会社であるGSXのサイバーセキュリティ教育カンパニーとしての知識知見と、バイリンガル人材を多く有するEPCSのグローバルビジネス視点を融合・補完し合うことで、新たなセキュリティサービスの開発やグローバル人材の育成を創出していく。

協業の第一弾として、東南アジア諸国エリアを対象とした「海外拠点セキュリティ現状調査サービス」をリリースした。同サービスは、東南アジア諸国エリアを対象に企業の海外拠点や現地法人の事業環境、IT環境の現状を調査・可視化し、サイバーリスクを含めた情報セキュリティの課題解決ロードマップ策定までを支援する。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. ランサムウェア集団が謝罪

    ランサムウェア集団が謝罪

  2. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  3. 取締役や幹部への罰金 禁固 罷免 解雇 ~ サイバー攻撃後の被処罰最多は APJ 地域

    取締役や幹部への罰金 禁固 罷免 解雇 ~ サイバー攻撃後の被処罰最多は APJ 地域

  4. 日本規格協会、ISO / IEC 27002 の改訂を受け「JIS Q 27002:2024」発行

    日本規格協会、ISO / IEC 27002 の改訂を受け「JIS Q 27002:2024」発行

  5. 世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

    世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

ランキングをもっと見る
PageTop