5G時代のIoTデバイスの保護を技術検証(トレンドマイクロ、NTTドコモ) | ScanNetSecurity
2020.01.20(月)

5G時代のIoTデバイスの保護を技術検証(トレンドマイクロ、NTTドコモ)

トレンドマイクロは、5G時代の新たなソリューション提供に向けてNTTドコモと連携し、ドコモが提供する「ドコモ5Gオープンクラウド」でのNFV/クラウド向けネットワークセキュリティソリューション「TM VNFS」の技術検証を7月より開始する。

製品・サービス・業界動向 業界動向
トレンドマイクロ株式会社は7月5日、5G時代の新たなソリューション提供に向けて株式会社NTTドコモと連携し、ドコモが提供する「ドコモ5Gオープンクラウド」でのNFV/クラウド向けネットワークセキュリティソリューション「Trend Micro Virtual Network Function Suite(TM VNFS)」の技術検証を7月より開始すると発表した。2020年に到来する5G時代に向け、セキュリティを付加した新たなソリューションの提供開始を視野に、技術検証を推進していくという。

ドコモ5Gオープンクラウドは、5G時代の新しいソリューション創出を目的にドコモがビジネスパートナーに提供する5G技術検証環境。TM VNFSは、NFVやクラウドといった仮想化環境上にネットワークセキュリティ機能を実装し、IoTデバイスごとに必要なセキュリティ機能を必要なタイミングで必要なだけ動的に適用できるネットワークセキュリティソリューション。

今回の技術検証では、トレンドマイクロは5G環境におけるTM VNFSによるセキュリティ対策の有効性を確認し、ドコモは5G環境のネットワークセキュリティによる対策の有効性、およびセキュリティ機能を付加価値サービスとして提供するビジネスの有効性を確認する。 具体的には、クラウド上で実行されるさまざまなサービスの通信トラフィックに潜むセキュリティ上の脅威をTM VNFSで可視化・検知・ブロックする。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. OracleがJavaをアップデート、ライセンス変更にも注意(IPA、JPCERT/CC)

    OracleがJavaをアップデート、ライセンス変更にも注意(IPA、JPCERT/CC)

  2. 「改ざんサイト」は2019年8月から急増、検索結果から誘導(デジタルアーツ)

    「改ざんサイト」は2019年8月から急増、検索結果から誘導(デジタルアーツ)

  3. セキュリティソフトに「防御率の高さ」と「動きの軽快さ」の改善を期待(NTTコム オンライン)

    セキュリティソフトに「防御率の高さ」と「動きの軽快さ」の改善を期待(NTTコム オンライン)

  4. 複数のCDNに、サイト閲覧者に攻撃が行われる脆弱性(JVN)

    複数のCDNに、サイト閲覧者に攻撃が行われる脆弱性(JVN)

  5. 「自分たちの方が顧客に付加価値を提供できる」PCI DSS 準拠のための脆弱性スキャンとペネトレーションテスト内製化を実現 ~ スマート・ツー株式会社

    「自分たちの方が顧客に付加価値を提供できる」PCI DSS 準拠のための脆弱性スキャンとペネトレーションテスト内製化を実現 ~ スマート・ツー株式会社PR

  6. 「ペットハグサイト」不正アクセスでカード情報流出、決済停止後も偽の決済フォームへ誘導(ペットハグ)

    「ペットハグサイト」不正アクセスでカード情報流出、決済停止後も偽の決済フォームへ誘導(ペットハグ)

  7. 上野宣はなぜ株式会社Flatt Securityの社外取締役に就任したのか

    上野宣はなぜ株式会社Flatt Securityの社外取締役に就任したのかPR

  8. 企業のメールセキュリティは改善傾向、特に送信元ドメイン認証で顕著(デージーネット)

    企業のメールセキュリティは改善傾向、特に送信元ドメイン認証で顕著(デージーネット)

  9. マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、早急に適用を(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、早急に適用を(IPA、JPCERT/CC)

  10. 委託先企業の業務用PCが遠隔操作攻撃で操作不能に(荏原製作所、イディア)

    委託先企業の業務用PCが遠隔操作攻撃で操作不能に(荏原製作所、イディア)

ランキングをもっと見る