「CODE BLUE 2018」の全講演メンバーが決定(BLUE) | ScanNetSecurity
2021.10.27(水)

「CODE BLUE 2018」の全講演メンバーが決定(BLUE)

BLUEは、日本発の情報セキュリティ国際会議「CODE BLUE 2018」の基調講演および全トレーニング・新レビューボードメンバーが決定したと発表した。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
株式会社BLUEは8月28日、日本発の情報セキュリティ国際会議「CODE BLUE 2018」(10月29日~11月2日:ベルサール新宿グランド)の基調講演および全トレーニング・新レビューボードメンバーが決定したと発表した。

基調講演には、情報セキュリティに関する世界的な権威であるミッコ・ヒッポネン氏、そしてNATOサイバーセンターのアンバサダーであるケネス・ギアス氏を決定した。ミッコ・ヒッポネン氏はサイバー上での軍拡競争について、ケネス・ギアス氏は国家間のサイバーセキュリティにおける動向について講演する。

トレーニングは、2日間(10月29日~30日)と1日間(10月29日)を開催。内容は次の通り。

2日間トレーニング(カンファレンスチケット代を含む)
■Hands-On DevSecOps and AppSec Automation Masterclass
アブハイ・バルガフ氏(we45)
受講費:175,000円(税込)
受講人数:60名(最少催行人数10名)
■Attacking and Defending Containerized Apps and Serverless Tech
ニットヒン・ジョイス氏(we45)
受講費:160,000円(税込)
受講人数:50名(最少催行人数10名)

1日間トレーニング(カンファレンスチケット代は含まない)
■Windows DBI (Dynamic Binary Instrumentation) for Malware Analysis
フェルナンド・ディアズ氏(VirusTotal)
受講費:80,000円(税込)
受講人数:20名(最少催行人数6名)

新レビューボードは次の通り(順不同)

■トーマス・ダーリエン氏(ハルバー・フレイク)
セキュリティ研究者、Google Project Zero


■松尾 真一郎氏
ジョージタウン大学 研究教授、 B-TED研究センター ディレクター、 MITメディアラボ 所長リエゾン(金融暗号)
■エリック・ロンブローゾ氏
ブロックチェーン領域におけるソフトウェア開発者、 起業家
■上原 哲太郎氏
立命館大学情報理工学部情報システム学科 教授


■高橋 郁夫氏
弁護士、 宇都宮大学工学部 非常勤講師、 KK IT Research Art 代表
■パトリック・オキーフ氏
AMCソリューションズ Managing Director、 キール大学セキュリティ政策研究所(ISPK)アジア太平洋戦略安全保障センター 非常勤研究員
■アンナ・マリア・オスラ氏
Guardtime 上級ポリシー担当役員
■石井 徹哉氏
千葉大学副学長、 千葉法科大学院 刑法教授、 文部科学省サイバーセキュリティアドバイザー
■湯淺 墾道氏
情報セキュリティ大学院大学 学長補佐兼教授

<サイバー犯罪トラック>
■福森 大喜氏
サイバーディフェンス研究所 インターポール出向中
■ブラッド・ワードマン氏
PayPal Research&Intelligence責任者
■フォイ・シャイバー氏
APWG副事務総長
■パット・ケイン氏
APWG常駐研究員、 Cooper-Cain Group社長

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 埼玉大学の学内サーバへ不正アクセス、PCの脆弱なパスワードが原因に

    埼玉大学の学内サーバへ不正アクセス、PCの脆弱なパスワードが原因に

  2. 三菱電機管理のネットワークに海外から不正アクセス、顧客に関する情報の一部が流出

    三菱電機管理のネットワークに海外から不正アクセス、顧客に関する情報の一部が流出

  3. 群馬大学のメールサーバが踏み台に、約57万件の迷惑メールを送信

    群馬大学のメールサーバが踏み台に、約57万件の迷惑メールを送信

  4. PPAPの運用失敗、パスワード通知メールに名簿を添付したまま送信

    PPAPの運用失敗、パスワード通知メールに名簿を添付したまま送信

  5. 若手社員の半数以上「情報漏えいより締め切りが大切」IT部門との確執浮き彫り

    若手社員の半数以上「情報漏えいより締め切りが大切」IT部門との確執浮き彫り

  6. 東京2020で約4.5億回のセキュリティイベントに対処した“NTTの貢献”

    東京2020で約4.5億回のセキュリティイベントに対処した“NTTの貢献”

  7. 廃棄文書をトラックで運搬中に段ボール箱6箱が落下、遺失物として連絡あり発覚

    廃棄文書をトラックで運搬中に段ボール箱6箱が落下、遺失物として連絡あり発覚

  8. 徳島県国民健康保険団体連合会が専用回線で誤送信、再送信処理でのシステム仕様に問題

    徳島県国民健康保険団体連合会が専用回線で誤送信、再送信処理でのシステム仕様に問題

  9. GhostScript において任意のコードが実行可能となるディレクトリへのアクセス制御不備の脆弱性(Scan Tech Report)

    GhostScript において任意のコードが実行可能となるディレクトリへのアクセス制御不備の脆弱性(Scan Tech Report)

  10. proofpoint Blog 第6回「そのサンドボックス運用にはご注意を! BCCモードのサンドボックス解析による大きなリスク」

    proofpoint Blog 第6回「そのサンドボックス運用にはご注意を! BCCモードのサンドボックス解析による大きなリスク」

ランキングをもっと見る