ハイブリッドクラウド対応の法人向けセキュリティ製品(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.16(日)

ハイブリッドクラウド対応の法人向けセキュリティ製品(カスペルスキー)

カスペルスキーは、法人向けのハイブリッドクラウド用セキュリティ製品「Kaspersky Hybrid Cloud Security」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
Kaspersky Hybrid Cloud Security構成概要
Kaspersky Hybrid Cloud Security構成概要 全 3 枚 拡大写真
株式会社カスペルスキーは10月5日、法人向けのハイブリッドクラウド用セキュリティ製品「Kaspersky Hybrid Cloud Security」を発表した。同日よりパートナー企業経由で販売を開始する。パブリッククラウド、プライベートクラウドやオンプレミスなど、仮想環境と物理環境を組み合わせたハイブリッドクラウド環境全体を一括して可視化し、透過的かつ効率的な保護・管理を可能にする製品。

同製品は、仮想インフラストラクチャ用セキュリティ製品「Kaspersky Security for Virtualization」の後継となる製品で、新たに「Kaspersky Security for Virtualization 5.0 - Agentless(英語版)」および「Kaspersky Security for Virtualization 5.0 - Light Agent」が追加された。Windowsサーバ、Linuxサーバのほか、AWSおよびAzureのAPIを使用することで、ハイブリッドクラウド環境のセキュリティを単一のコンソールで管理可能にした。

ライセンスは「Standard」と「Enterprise」の2種類を用意。また、保護対象環境に応じたライセンスオブジェクト(課金単位)を用意しており、CPU数、デスクトップ(VDI)数、サーバOS数に基づいたライセンスを購入する。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 他の職員のOTPトークンを窃取し不正アクセス、盗撮の余罪も判明し懲戒免職に(奈良県)

    他の職員のOTPトークンを窃取し不正アクセス、盗撮の余罪も判明し懲戒免職に(奈良県)

  2. CSIRT 担当者は J. D. サリンジャーを読むべきか ~ やらかし事例から学ぶセキュリティ

    CSIRT 担当者は J. D. サリンジャーを読むべきか ~ やらかし事例から学ぶセキュリティ

  3. 働き方改革やIoTの進展で、企業も個人も標的に--2019年の脅威予測(トレンドマイクロ)

    働き方改革やIoTの進展で、企業も個人も標的に--2019年の脅威予測(トレンドマイクロ)

  4. きみに読んでほしい3冊:セキュリティブックガイド 第一回   NRIセキュアテクノロジーズ 小田島 潤「計算機基礎」

    きみに読んでほしい3冊:セキュリティブックガイド 第一回 NRIセキュアテクノロジーズ 小田島 潤「計算機基礎」

  5. 50歳以上向けセキュリティ教材を作成(カスペルスキー)

    50歳以上向けセキュリティ教材を作成(カスペルスキー)

  6. DLmarketへの不正アクセスで561,625件の会員情報が流出の可能性(ディー・エル・マーケット)

    DLmarketへの不正アクセスで561,625件の会員情報が流出の可能性(ディー・エル・マーケット)

  7. セキュリティカンファレンス論文公募の受かり方

    セキュリティカンファレンス論文公募の受かり方

  8. 全くの無知よりも予備知識がある方がフィッシング詐欺にかかりやすい:米大学研究結果(The Register)

    全くの無知よりも予備知識がある方がフィッシング詐欺にかかりやすい:米大学研究結果(The Register)

  9. アンケート回答で1万円、Amazon騙るフィッシングメール(フィッシング対策協議会)

    アンケート回答で1万円、Amazon騙るフィッシングメール(フィッシング対策協議会)

  10. EDR機能のAPIを提供、さまざまな活用を可能に(サイランス)

    EDR機能のAPIを提供、さまざまな活用を可能に(サイランス)

ランキングをもっと見る