エンドポイント型脅威対策市場が急成長、NGAVとEDRが牽引(ミック経済研究所) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.06.18(火)

エンドポイント型脅威対策市場が急成長、NGAVとEDRが牽引(ミック経済研究所)

ミック経済研究所は、「サイバーセキュリティソリューション市場の現状と将来展望【エンドポイント型脅威対策編 2018年版】」を発刊したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
エンドポイント型脅威対策ソリューション市場推移
エンドポイント型脅威対策ソリューション市場推移 全 1 枚 拡大写真
株式会社ミック経済研究所は10月18日、「サイバーセキュリティソリューション市場の現状と将来展望【エンドポイント型脅威対策編 2018年版】」を発刊したと発表した。価格は158,000円(税別)。これによると、2017年度のエンドポイント型脅威対策ソリューション市場は前年対比111.6%の611.8億円、2018年度は前年対比110.9%の678.3億円となった。

同社では、同市場を「アンチウイルス・アンチマルウェア」「次世代エンドポイントプロテクションプラットフォーム」「不正PC 検知・排除アプライアンス」「検疫ネットワークツール」の4つの分野に分けている。特に、次世代エンドポイントプロテクションプラットフォーム市場が急拡大しており、2017年度は前年対比193.8%、2018年度も前年対比150.7%と大きく伸ばす見込み。

同分野は、脅威インテリジェンスなどを使って未知のマルウェアや非マルウェア型の脅威を検知し、高い確率で防御する「次世代アンチウイルス(NGAV)」と、マルウェア検知機能の他にマルウェア侵入後の調査・解析、インシデントレスポンス(事後対処)を迅速に実施できる機能を重視した「Endpoint Detection & Response(EDR)」で形成される。いずれも外資の新興ベンダが増加しており、数千から数万といった大規模ユーザでの導入が進んでいる。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

    パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

  2. フィッシング詐欺キットに脆弱性、ターゲットは二度被害に遭う可能性(The Register)

    フィッシング詐欺キットに脆弱性、ターゲットは二度被害に遭う可能性(The Register)

  3. 「NOTICE」と合わせ、感染IoT利用者にも注意喚起(総務省、NICT、ICT-ISAC)

    「NOTICE」と合わせ、感染IoT利用者にも注意喚起(総務省、NICT、ICT-ISAC)

  4. Webサイトのサーバに第三者から不正アクセス、ウイルス感染や情報流出は確認されず(日邦産業)

    Webサイトのサーバに第三者から不正アクセス、ウイルス感染や情報流出は確認されず(日邦産業)

  5. 決済画面書き換えカード情報窃取(熊本ワイン)

    決済画面書き換えカード情報窃取(熊本ワイン)

  6. PostgreSQL において COPY 文の権限設定不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

    PostgreSQL において COPY 文の権限設定不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  7. 「脆弱性診断の内製化」セミナー、体験会も同時開催(SHIFT)

    「脆弱性診断の内製化」セミナー、体験会も同時開催(SHIFT)PR

  8. 約5,000枚の「振替払出書」と「振替払出証書」を紛失、誤廃棄の可能性(ゆうちょ銀行)

    約5,000枚の「振替払出書」と「振替払出証書」を紛失、誤廃棄の可能性(ゆうちょ銀行)

  9. セブン銀行を騙るフィッシングSMSに注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会)

    セブン銀行を騙るフィッシングSMSに注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会)

  10. Vtuber支援サービスでユーザーのメールアドレスが流出、暗号化されたパスワードの脆弱性も判明(ZIG)

    Vtuber支援サービスでユーザーのメールアドレスが流出、暗号化されたパスワードの脆弱性も判明(ZIG)

ランキングをもっと見る