セキュリティ技術者が取締役会で報告を求められたら ~ ガートナーが教えるプレゼン術4つのポイント | ScanNetSecurity
2020.01.27(月)

セキュリティ技術者が取締役会で報告を求められたら ~ ガートナーが教えるプレゼン術4つのポイント

ガートナーのリサーチャー ロブ・マクミラン氏によれば、2020年までにすべての大企業が、CIO、CISOに対して最低年1回の取締役会での報告を求めるようになるという。セキュリティ担当者はどんな報告をすればいいのだろうか。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
ガートナー社 リサーチ ディレクター ロブ・マクミラン ( Rob McMillan ) 氏
ガートナー社 リサーチ ディレクター ロブ・マクミラン ( Rob McMillan ) 氏 全 4 枚 拡大写真
 ガートナーのリサーチャー ロブ・マクミラン氏によれば、2020 年までにすべての大企業が、CIO、CISO に対して最低年 1 回の取締役会でのサイバーリスクの管理状況に関する報告を求めるようになるという。その日がやってきたとき、セキュリティ担当者はどんな報告をすればいいのだろうか。

 2016 年にセキュリティ担当者が取締役会で報告をした割合は 40 %だったという。企業へのサイバー攻撃激化、官民のサイバーセキュリティへの関心の高まりから、取締役会での議題にあがり、経営戦略の重要項目のひとつになりつつある。ひとたび上場企業がサイバー攻撃を受けたり、大きな情報漏えい等を起すと、株価への影響はいうに及ばず、四半期報告、決算報告でのその経緯や影響について開示しなければならない。

 たとえ大企業でなくとも、情報システム部門、セキュリティ部門が経営陣に対してレクチャーや状況説明が求められるシチュエーションは今後も増えていくだろう。マクミラン氏による「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット2018」の講演は、この疑問に答える内容だった。同時に、インシデント発生などの経験がない経営陣にとっては、どんなポイントで報告を受けるべきか(求めるべきか)の参考になる内容だった。マクミラン氏の講演要旨をレポートする。

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《中尾 真二( Shinji Nakao )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 社内パソコンが「Emotet」に感染、取引先からの連絡で判明(岐阜新聞社)

    社内パソコンが「Emotet」に感染、取引先からの連絡で判明(岐阜新聞社)

  2. iOS、Androidに過剰な利用料金課すフリースウェア、ルールの紙一重を突く(ソフォス)

    iOS、Androidに過剰な利用料金課すフリースウェア、ルールの紙一重を突く(ソフォス)

  3. 「県税督促状」印刷ミス分を社外に持ち出し大阪駅のゴミ箱に廃棄(さくらケーシーエス)

    「県税督促状」印刷ミス分を社外に持ち出し大阪駅のゴミ箱に廃棄(さくらケーシーエス)

  4. 汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

    汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

  5. メール送信者を偽った迷惑メールを確認、社内からの情報流出は否定(エマ・ピクチャーズ)

    メール送信者を偽った迷惑メールを確認、社内からの情報流出は否定(エマ・ピクチャーズ)

  6. マルウェアは「Emotet」が3カ月連続でトップに--月例レポート(チェック・ポイント)

    マルウェアは「Emotet」が3カ月連続でトップに--月例レポート(チェック・ポイント)

  7. 脆弱性届出、製品別の1位は「スマホアプリ」--四半期レポート(IPA)

    脆弱性届出、製品別の1位は「スマホアプリ」--四半期レポート(IPA)

  8. 脆弱性ではXSS、製品はAndroidおよびLinuxが上位を占める--JVN登録状況(IPA)

    脆弱性ではXSS、製品はAndroidおよびLinuxが上位を占める--JVN登録状況(IPA)

  9. 富士ゼロックスの複数のスマホアプリに盗聴などが行われる脆弱性(JVN)

    富士ゼロックスの複数のスマホアプリに盗聴などが行われる脆弱性(JVN)

  10. MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解

    MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解PR

ランキングをもっと見る