「Quora」のシステムへの不正アクセス、約1億人のユーザー情報が被害の可能性(Quora,Inc.) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.04.24(水)

「Quora」のシステムへの不正アクセス、約1億人のユーザー情報が被害の可能性(Quora,Inc.)

米国に本社を置くQuora,Inc.は12月4日、同社が運営する知識共有プラットフォーム「Quora」のシステムへの不正アクセスにより一部ユーザーの情報漏えいが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 4 枚 拡大写真
米国に本社を置くQuora,Inc.は12月4日、同社が運営する知識共有プラットフォーム「Quora」のシステムへの不正アクセスにより一部ユーザーの情報漏えいが判明したと発表した。

これは11月30日に、第三者からの「Quora」のシステムへの不正アクセスによって一部ユーザーの情報漏えいが発覚したというもので、発覚後すぐに対策を実施。現在は、引き続き大手デジタルフォレンジック及びセキュリティ会社と社内のセキュリティチームが調査を行っている。また法執行機関にも連絡済みとのこと。

被害を受けた可能性があるのは約1億人のQuoraユーザーで、アカウント情報(名前、メールアドレス、暗号化されたパスワード、ユーザーの承認を受けリンクしたネットワークからインポートされたデータなど)、公開済コンテンツやアクション(質問、回答、コメント、高評価など)、非公開コンテンツやアクション(回答リクエスト、低評価、メッセージなど)が流出した可能性がある。

なお匿名での質問や回答は、投稿した人物のIDを保存していないため流出はない。

同社では対策として、情報が漏えいしたユーザーに通知を行い、影響を受けた可能性がある全Quoraユーザーをログアウトし、パスワードを認証方法として使用している場合はパスワードを無効にしている。

流出したパスワードは暗号化されているが、他のサービスで同一のアカウント情報を使用している場合には変更するよう呼びかけている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. ここが変だよ日本のセキュリティ 第38回 「転生したら CSIRT だった件」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第38回 「転生したら CSIRT だった件」

  2. 脆弱性診断の 8 割を標準化する:脆弱性診断, インシデントレスポンス, 脅威インテリジェンス…セキュリティプロセス標準化を考える

    脆弱性診断の 8 割を標準化する:脆弱性診断, インシデントレスポンス, 脅威インテリジェンス…セキュリティプロセス標準化を考える

  3. 小規模企業やNPOを対象に情報セキュリティハンドブックを公開(NISC)

    小規模企業やNPOを対象に情報セキュリティハンドブックを公開(NISC)

  4. ここが変だよ日本のセキュリティ 第37回 「CSIRT体制構築ブームに、スプラッシュマウンテンの滝の音が聞こえる」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第37回 「CSIRT体制構築ブームに、スプラッシュマウンテンの滝の音が聞こえる」

  5. 6,123人の個人情報が記録された選挙人名簿照合用USBメモリを紛失(相模原市)

    6,123人の個人情報が記録された選挙人名簿照合用USBメモリを紛失(相模原市)

  6. サプライチェーンの責任範囲、「専門知識・スキル不足」で明確にできず(IPA)

    サプライチェーンの責任範囲、「専門知識・スキル不足」で明確にできず(IPA)

  7. OracleがJavaをアップデート、商用ユーザ向けJava SE 8は提供終了(IPA、JPCERT/CC)

    OracleがJavaをアップデート、商用ユーザ向けJava SE 8は提供終了(IPA、JPCERT/CC)

  8. Verizon製ルータの脆弱性発見(Tenable Network Security Japan)

    Verizon製ルータの脆弱性発見(Tenable Network Security Japan)

  9. 伝説的ハッカーグループ出身者が大統領候補に(The Register)

    伝説的ハッカーグループ出身者が大統領候補に(The Register)

  10. 新時代の産業に向けたセキュリティ対策フレームワークを策定(経済産業省)

    新時代の産業に向けたセキュリティ対策フレームワークを策定(経済産業省)

ランキングをもっと見る