CSIRT 担当者は J. D. サリンジャーを読むべきか ~ やらかし事例から学ぶセキュリティ | ScanNetSecurity
2019.10.20(日)

CSIRT 担当者は J. D. サリンジャーを読むべきか ~ やらかし事例から学ぶセキュリティ

大阪大学CSIRTの柏崎礼生氏(大阪大学情報推進本部)が、Security Days Fall 2018において、自身や同大のインシデント事例をもとにCSIRTに重要なものはなにかを問うセッションを行った。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
柏崎礼生氏(大阪大学情報推進本部)
柏崎礼生氏(大阪大学情報推進本部) 全 7 枚 拡大写真
 大阪大学の柏崎礼生氏(大阪大学情報推進本部)が、Security Days Fall 2018 において、自身や同大のインシデント事例をもとに CSIRT に重要なものはなにかを問うセッションを行った。

 柏崎氏はスキンヘッドというインパクトのある風貌ながら、大学では防災・減災について研究する専門家。セキュリティ業界でも論文執筆やカンファレンスでの講演などで知る人も少なくない。今回のセッションは、技術的な内容も含むものだったが、氏のメッセージは、J. D. サリンジャーが書いた青春小説の歴史的名著「 ライ麦畑でつかまえて 」を引用し、CSIRT の役割や目的、それに必要な考え方を示すという、スピーカーの見た目とのギャップ(といったら失礼だが)以上に、非常に含蓄の深いものだった。

野崎孝 訳「ライ麦畑でつかまえて」
村上春樹 訳「キャッチャー・イン・ザ・ライ」


 紹介されたインシデントは 3 つ。自身の失敗事例 1 件と大阪大学でのインシデント 2 件の合計 3 件を、それぞれ自身の前厄、本厄、後厄になぞらえた。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《中尾 真二( Shinji Nakao )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 「Pulse Secure SSL VPN」に任意コマンド実行など複数の脆弱性(JVN)

    「Pulse Secure SSL VPN」に任意コマンド実行など複数の脆弱性(JVN)

  2. インシデント21%、フィッシングサイト46% 報告件数増加(JPCERT/CC)

    インシデント21%、フィッシングサイト46% 報告件数増加(JPCERT/CC)

  3. 「お取り寄せページ」へ不正アクセス、最大18,855件のカード情報が流出(京都一の傳)

    「お取り寄せページ」へ不正アクセス、最大18,855件のカード情報が流出(京都一の傳)

  4. ここが変だよ日本のセキュリティ 第39回 「セキュリティがときめく片付けの魔法」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第39回 「セキュリティがときめく片付けの魔法」

  5. BIND 9.xに2つの脆弱性、アップデートを呼びかけ(JPRS、JVN)

    BIND 9.xに2つの脆弱性、アップデートを呼びかけ(JPRS、JVN)

  6. ペネトレーションテスターが業務中に逮捕される、“信じられないほどの不手際が重なった” のか(The Register)

    ペネトレーションテスターが業務中に逮捕される、“信じられないほどの不手際が重なった” のか(The Register)

  7. IoT機器によるDDoS攻撃の代行は月額40ドル--地下市場調査(トレンドマイクロ)

    IoT機器によるDDoS攻撃の代行は月額40ドル--地下市場調査(トレンドマイクロ)

  8. 「Ameba」検証作業用の内部資料を誤ってインターネット上で公開(サイバーエージェント)

    「Ameba」検証作業用の内部資料を誤ってインターネット上で公開(サイバーエージェント)

  9. 監視カメラが撮影した顔画像のプライバシー保護技術提供、欧州GDPR規制等 背景(凸版印刷)

    監視カメラが撮影した顔画像のプライバシー保護技術提供、欧州GDPR規制等 背景(凸版印刷)

  10. インターコムクラブへパスワードリスト型攻撃、ポイントの不正交換も確認(ジャックス)

    インターコムクラブへパスワードリスト型攻撃、ポイントの不正交換も確認(ジャックス)

ランキングをもっと見る