セキュリティカンファレンス論文公募の受かり方 | ScanNetSecurity
2020.01.23(木)

セキュリティカンファレンス論文公募の受かり方

国内には、あるいは本誌読者のなかにはセキュリティの逸材がたくさん存在するだろう。業務や立場が許すのなら、CFP 応募と講演を通じて、成長する機会は広く開かれている。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
JPCERT/CC 分析センター長 椎木孝斉氏
JPCERT/CC 分析センター長 椎木孝斉氏 全 3 枚 拡大写真
 2019年1月18日、一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター( JPCERT/CC )が主催する専門家会議 JSAC (Japan Security Analyst Conference)の第 2 回目である JSAC 2019 が開催される。

 JSAC は 2018 年に第 1 回が開催されたばかりの、できたてほやほやのカンファレンスだが、第 1 回である JSAC 2018 で株式会社インターネットイニシアティブ( IIJ ) 小林 稔 氏による講演「削除済み VSS スナップショットの復元」は、今夏開催された Black Hat USA 2018 Briefings でも選ばれるなど、知られざるハイレベルセキュリティカンファレンスだ。なお、JSAC 2019 の論文募集は先週月曜 12 月 3 日に終了している(編集部註:JSAC2019 はすでに満席のため一般参加受付が終了している)。

● JSAC とはどんなカンファレンスなのか

 国内のセキュリティカンファレンスの多くは、イベント性は高いものの企業のエキシビジョン色が強いものが多い。もちろん、コミュニティやコンソーシアム主体のものや、アカデミックなものも存在するが、比較的小中規模のものが多い。

 JSAC も規模はそれほど大きくない( JSAC2018 は 1 トラック、10 セッション、参加者 450 名、カンファレンス)が、インシデント対応( IR )やマルウェア解析、フォレンジック技術といった高度な内容に特化している点で珍しい。通常、これらの話題は、企業秘密や顧客情報(時には犯罪捜査)と絡むため、オープンにしづらいからだ。

《中尾 真二( Shinji Nakao )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

    汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

  2. 「改ざんサイト」は2019年8月から急増、検索結果から誘導(デジタルアーツ)

    「改ざんサイト」は2019年8月から急増、検索結果から誘導(デジタルアーツ)

  3. OracleがJavaをアップデート、ライセンス変更にも注意(IPA、JPCERT/CC)

    OracleがJavaをアップデート、ライセンス変更にも注意(IPA、JPCERT/CC)

  4. 複数のCDNに、サイト閲覧者に攻撃が行われる脆弱性(JVN)

    複数のCDNに、サイト閲覧者に攻撃が行われる脆弱性(JVN)

  5. 「ペットハグサイト」不正アクセスでカード情報流出、決済停止後も偽の決済フォームへ誘導(ペットハグ)

    「ペットハグサイト」不正アクセスでカード情報流出、決済停止後も偽の決済フォームへ誘導(ペットハグ)

  6. マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、早急に適用を(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、早急に適用を(IPA、JPCERT/CC)

  7. セキュリティソフトに「防御率の高さ」と「動きの軽快さ」の改善を期待(NTTコム オンライン)

    セキュリティソフトに「防御率の高さ」と「動きの軽快さ」の改善を期待(NTTコム オンライン)

  8. 不正アクセスで会員情報流出の「宅ふぁいる便」、3月末でサービス終了へ(オージス総研)

    不正アクセスで会員情報流出の「宅ふぁいる便」、3月末でサービス終了へ(オージス総研)

  9. 企業のメールセキュリティは改善傾向、特に送信元ドメイン認証で顕著(デージーネット)

    企業のメールセキュリティは改善傾向、特に送信元ドメイン認証で顕著(デージーネット)

  10. 委託先企業の業務用PCが遠隔操作攻撃で操作不能に(荏原製作所、イディア)

    委託先企業の業務用PCが遠隔操作攻撃で操作不能に(荏原製作所、イディア)

ランキングをもっと見る