EDR機能のAPIを提供、さまざまな活用を可能に(サイランス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.01.18(金)

EDR機能のAPIを提供、さまざまな活用を可能に(サイランス)

サイランスは、エンドポイントにおける検知と対応(EDR)機能「CylanceOPTICS」のAPIを提供すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
Cylance Japan株式会社(サイランス)は12月13日、エンドポイントにおける検知と対応(EDR)機能「CylanceOPTICS」のAPI(アプリケーションプログラミングインターフェイス)を提供すると発表した。これにより、世界中の「CylancePROTECT」と「OPTICS」のユーザは、タスクの繰り返し実行や自動化によるメリットを享受できるとしている。

APIを利用することで、セキュリティチームはエンドポイントで収集されたリアルタイムのインテリジェンスをより効率的に参照し、それに情報を付加してコンテキストに応じて理解し、重要なシステムのセキュリティを維持できるようになる。また、デバイス制御やメモリエクスプロイト保護のためのポリシーを作成し、ネットワーク内で攻撃が実行されるのを防ぐこともできる。SOC業務プロセスのために、自動化されたワークフローを作成することも可能となる。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. アナログゲームで体験するサイバーセキュリティ模擬訓練 ~ インシデント対応ボードゲーム金融版ワークショップレポート

    アナログゲームで体験するサイバーセキュリティ模擬訓練 ~ インシデント対応ボードゲーム金融版ワークショップレポート

  2. セキュリティエンジニアに一番必要なのは「好き!」の気持ち、MBSD Cybersecurity Challenges 2018 レポート

    セキュリティエンジニアに一番必要なのは「好き!」の気持ち、MBSD Cybersecurity Challenges 2018 レポート

  3. 「Webシステム/Webアプリケーションセキュリティ要件書 Ver.3.0」を公開(脆弱性診断士スキルマッププロジェクト)

    「Webシステム/Webアプリケーションセキュリティ要件書 Ver.3.0」を公開(脆弱性診断士スキルマッププロジェクト)

  4. 2019 年新春の決意:お年玉で絶対に買ってはいけない「最新技術製品」(The Register)

    2019 年新春の決意:お年玉で絶対に買ってはいけない「最新技術製品」(The Register)

  5. 国際学会で離席した隙をつかれノートパソコンが盗難被害に(長岡技術科学大学)

    国際学会で離席した隙をつかれノートパソコンが盗難被害に(長岡技術科学大学)

  6. ここが変だよ日本のセキュリティ 第36回 「2018セキュリティ流行語大賞」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第36回 「2018セキュリティ流行語大賞」

  7. 国税庁での契約・法令違反の再委託を受けて調査を実施、埼玉県内の6市でも無許諾が判明(AGS)

    国税庁での契約・法令違反の再委託を受けて調査を実施、埼玉県内の6市でも無許諾が判明(AGS)

  8. 「Windows 7」のサポート終了まで一年、注意を呼びかけ(IPA)

    「Windows 7」のサポート終了まで一年、注意を呼びかけ(IPA)

  9. フィッシングサイトで詐取されたアカウントから迷惑メールを多数配信、個人情報漏えいの可能性も(東京外国語大学)

    フィッシングサイトで詐取されたアカウントから迷惑メールを多数配信、個人情報漏えいの可能性も(東京外国語大学)

  10. スマートスピーカーや5G回線の悪用など予測--2019年のセキュリティ(ジュニパーネットワークス)

    スマートスピーカーや5G回線の悪用など予測--2019年のセキュリティ(ジュニパーネットワークス)

ランキングをもっと見る