2018年度 JNSA賞、ISOG-J やアズジェント秋山氏、IIJ の Black Hat USA 2018 講師陣他受賞(JNSA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.20(火)

2018年度 JNSA賞、ISOG-J やアズジェント秋山氏、IIJ の Black Hat USA 2018 講師陣他受賞(JNSA)

JNSAは、2018年度のJNSA表彰について発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
特定非営利活動法人 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は12月21日、2018年度のJNSA表彰について発表した。この表彰は、情報セキュリティ向上のための活動を積極的に行い広く社会に貢献した、あるいはJNSAの知名度向上や活動の活性化等に寄与した個人、団体、JNSAワーキンググループを対象に「JNSA賞」と称する表彰を贈る制度。2006年度から行われている。

2018年度の受賞者は、次の通り。

ワーキンググループ(WG)の部

・日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)(代表:日本電気株式会社 武智洋氏)
 複数の成果物を発表して社会貢献を行うとともに、セミナーなどを通じてJNSAの活動へ貢献した。

・CISO支援WG(WGリーダー:株式会社Preferred Networks 高橋正和氏)
 経営やビジネスの観点からCISOの役割や業務内容を明確化するとともに、JNSA知名度向上に貢献した。

個人の部

・秋山貴彦氏(JNSAソリューションガイド活用WGリーダー|株式会社アズジェント)
 長くWGの活動に関わり、今回のサービス改修を実現させて会員向けサービスを拡充した。

特別賞

・Black Hat USA 2018 トレーニング講師陣
(株式会社インターネットイニシアティブ 鈴木博志氏、梨和久雄氏、六田佳祐氏)
 日本人として初めてBlack Hat USAでトレーニングを提供し、技術者に夢と希望を与えた

なお、2019年1月22日にベルサール神保町で開催されるJNSA新年賀詞交歓会の場において、JNSA賞受賞者の表彰式が行われる。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. シンガポール子会社に不正アクセス、顧客情報が流出(みずほ銀行)

    シンガポール子会社に不正アクセス、顧客情報が流出(みずほ銀行)

  2. 「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

    「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

  3. メール誤送信、添付ファイルサイズ制限で「安心一斉送信システム」使用できず(大阪府)

    メール誤送信、添付ファイルサイズ制限で「安心一斉送信システム」使用できず(大阪府)

  4. 毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したか

    毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したかPR

  5. 顧客情報ファイル誤送信、再発防止としてシステム導入決定(ボルボ・カー・ジャパン)

    顧客情報ファイル誤送信、再発防止としてシステム導入決定(ボルボ・カー・ジャパン)

  6. 繁忙期のため管理不徹底「国民健康保険関係届」紛失(大阪市)

    繁忙期のため管理不徹底「国民健康保険関係届」紛失(大阪市)

  7. 6月末からメンテナンス中の「ECオーダー.com」カード情報流出の疑い(チャンピオンソフト、まどそふと、エウクレイア、葉月)

    6月末からメンテナンス中の「ECオーダー.com」カード情報流出の疑い(チャンピオンソフト、まどそふと、エウクレイア、葉月)

  8. 規定違反の医師を戒告処分、患者情報を私物USBメモリに保存し紛失(福知山市)

    規定違反の医師を戒告処分、患者情報を私物USBメモリに保存し紛失(福知山市)

  9. 標的はファイアウォールの内側にあるIoTデバイスへ(NETSCOUT SYSTEMS)

    標的はファイアウォールの内側にあるIoTデバイスへ(NETSCOUT SYSTEMS)

  10. 元教育委員会職員がUSB接続制限の無いPC経由でファイル持ち出し、選挙運動へ活用か(平塚市)

    元教育委員会職員がUSB接続制限の無いPC経由でファイル持ち出し、選挙運動へ活用か(平塚市)

ランキングをもっと見る