家庭のセキュリティ教育実施、被害経験のある親比率高い(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.06.18(火)

家庭のセキュリティ教育実施、被害経験のある親比率高い(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、「子どもと保護者のスマートフォン利用に関する実態調査」の結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
子供のスマートフォンやインターネット利用に関するトラブル経験
子供のスマートフォンやインターネット利用に関するトラブル経験 全 4 枚 拡大写真
トレンドマイクロ株式会社は12月26日、「子どもと保護者のスマートフォン利用に関する実態調査」の結果を発表した。同調査は2018年6月28日から6月29日、スマートフォンを利用している子供(小学4年生~6年生)がおり、自身もスマートフォンを利用している保護者618名を対象に、Webアンケート調査により実施したもの。

調査結果によると、スマートフォンやインターネット利用時に、子供の7.3%、保護者の18%が、不正アプリ、フィッシング詐欺、架空請求、不正ログイン、有害サイト閲覧などのサイバー犯罪のトラブルを経験していた。また、子供に対し家庭でセキュリティ教育を行っている保護者は76.7%で、自身がサイバー犯罪のトラブル経験がある保護者の方が割合が高く、自身の経験を踏まえて教育を行っている傾向がある。

一方で、SNSに投稿した写真が勝手に加工・悪用されるトラブルに関して、どういったトラブルなのかをよく知っている保護者は全体のわずか33.7%と、多くの保護者がSNSの写真投稿に関する問題を理解していなかった。保護者は、子供のスマートフォン、ソーシャルメディア利用に際して、子供を取り巻く脅威と適切な使い方や具体的な対策などインターネット上のリテラシーを学び、子供に教育することが求められるとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

    パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

  2. 「NOTICE」と合わせ、感染IoT利用者にも注意喚起(総務省、NICT、ICT-ISAC)

    「NOTICE」と合わせ、感染IoT利用者にも注意喚起(総務省、NICT、ICT-ISAC)

  3. フィッシング詐欺キットに脆弱性、ターゲットは二度被害に遭う可能性(The Register)

    フィッシング詐欺キットに脆弱性、ターゲットは二度被害に遭う可能性(The Register)

  4. Webサイトのサーバに第三者から不正アクセス、ウイルス感染や情報流出は確認されず(日邦産業)

    Webサイトのサーバに第三者から不正アクセス、ウイルス感染や情報流出は確認されず(日邦産業)

  5. 「脆弱性診断の内製化」セミナー、体験会も同時開催(SHIFT)

    「脆弱性診断の内製化」セミナー、体験会も同時開催(SHIFT)PR

  6. PostgreSQL において COPY 文の権限設定不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

    PostgreSQL において COPY 文の権限設定不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  7. 約5,000枚の「振替払出書」と「振替払出証書」を紛失、誤廃棄の可能性(ゆうちょ銀行)

    約5,000枚の「振替払出書」と「振替払出証書」を紛失、誤廃棄の可能性(ゆうちょ銀行)

  8. Vtuber支援サービスでユーザーのメールアドレスが流出、暗号化されたパスワードの脆弱性も判明(ZIG)

    Vtuber支援サービスでユーザーのメールアドレスが流出、暗号化されたパスワードの脆弱性も判明(ZIG)

  9. 決済画面書き換えカード情報窃取(熊本ワイン)

    決済画面書き換えカード情報窃取(熊本ワイン)

  10. セブン銀行を騙るフィッシングSMSに注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会)

    セブン銀行を騙るフィッシングSMSに注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会)

ランキングをもっと見る