AI、IoT、ルータ、モバイル--2019年のサイバー攻撃予測(Avast) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.25(日)

AI、IoT、ルータ、モバイル--2019年のサイバー攻撃予測(Avast)

Avastは、Avast脅威研究所の情報収集・分析に基づいて、2019年のセキュリティトレンドをまとめた「2019年版脅威予測レポート」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
Avastは1月8日、Avast脅威研究所の情報収集・分析に基づいて、2019年のセキュリティトレンドをまとめた「2019年版脅威予測レポート」を発表した。レポートでは、2019年に一般消費者に影響を与えると思われる主なセキュリティトレンドとして「敵対的AI攻撃の到来」「IoT脅威の高度化」「ルータ攻撃の進化」「モバイル脅威の進化」の4つを挙げている。

サイバー攻撃者がAI生成コンテンツを使用し、AIによるセキュリティ対策を回避する攻撃を、Avastでは「DeepAttack」と呼んでいる。この攻撃は、すでに2018年から確認されているが、2019年にはAIによるソーシャル手法と対策を欺くアルゴリズムで、人とシステムの双方のチェックを回避するとしている。

IoTは、急速な普及によりメーカーのセキュリティ対策がおろそかになっており、脆弱な状態にある。そこを狙うIoTマルウェアも高度に進化するとしている。ルータへの攻撃では、特定のWebページをモバイル端末で表示する際、感染したルータが悪意あるHTMLフレームを注入するなど、銀行口座の認証情報の窃盗を目的としたルータのハイジャックが増加すると予想している。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 米裁判所が異例の常識的判断、Wannacry 仕留めた後 FBI に逮捕された英国人技術者を無罪放免(The Register)

    米裁判所が異例の常識的判断、Wannacry 仕留めた後 FBI に逮捕された英国人技術者を無罪放免(The Register)

  2. 近畿地方整備局の保守業務事業者へ標的型メール攻撃、設備資料6件が流出可能性(国土交通省)

    近畿地方整備局の保守業務事業者へ標的型メール攻撃、設備資料6件が流出可能性(国土交通省)

  3. 6月末からメンテナンス中の「ECオーダー.com」カード情報流出の疑い(チャンピオンソフト、まどそふと、エウクレイア、葉月)

    6月末からメンテナンス中の「ECオーダー.com」カード情報流出の疑い(チャンピオンソフト、まどそふと、エウクレイア、葉月)

  4. サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月1日から(大阪府警察)

    サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月1日から(大阪府警察)

  5. 毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したか

    毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したかPR

  6. 新潟へぎそば通販サイトへ不正アクセス、2015年12月以降のカード決済情報流出(小嶋屋総本店)

    新潟へぎそば通販サイトへ不正アクセス、2015年12月以降のカード決済情報流出(小嶋屋総本店)

  7. マネージドEDRサービスの対象に「CrowdStrike Falcon」追加(ラック)

    マネージドEDRサービスの対象に「CrowdStrike Falcon」追加(ラック)

  8. 盗んだデータの不足をフィッシングで補完、不正口座の開設も(アカマイ)

    盗んだデータの不足をフィッシングで補完、不正口座の開設も(アカマイ)

  9. Apache HTTP Web Server 2.4系アップデート、複数の脆弱性に対応(JVN)

    Apache HTTP Web Server 2.4系アップデート、複数の脆弱性に対応(JVN)

  10. 「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

    「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

ランキングをもっと見る