AI、IoT、ルータ、モバイル--2019年のサイバー攻撃予測(Avast) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.05.23(木)

AI、IoT、ルータ、モバイル--2019年のサイバー攻撃予測(Avast)

Avastは、Avast脅威研究所の情報収集・分析に基づいて、2019年のセキュリティトレンドをまとめた「2019年版脅威予測レポート」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
Avastは1月8日、Avast脅威研究所の情報収集・分析に基づいて、2019年のセキュリティトレンドをまとめた「2019年版脅威予測レポート」を発表した。レポートでは、2019年に一般消費者に影響を与えると思われる主なセキュリティトレンドとして「敵対的AI攻撃の到来」「IoT脅威の高度化」「ルータ攻撃の進化」「モバイル脅威の進化」の4つを挙げている。

サイバー攻撃者がAI生成コンテンツを使用し、AIによるセキュリティ対策を回避する攻撃を、Avastでは「DeepAttack」と呼んでいる。この攻撃は、すでに2018年から確認されているが、2019年にはAIによるソーシャル手法と対策を欺くアルゴリズムで、人とシステムの双方のチェックを回避するとしている。

IoTは、急速な普及によりメーカーのセキュリティ対策がおろそかになっており、脆弱な状態にある。そこを狙うIoTマルウェアも高度に進化するとしている。ルータへの攻撃では、特定のWebページをモバイル端末で表示する際、感染したルータが悪意あるHTMLフレームを注入するなど、銀行口座の認証情報の窃盗を目的としたルータのハイジャックが増加すると予想している。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. MBSD国分裕の「脆弱性診断士育成」カリスマ授業

    MBSD国分裕の「脆弱性診断士育成」カリスマ授業

  2. 顧客データ人質にされた独大手 SI 企業の攻防、攻撃者が本誌に語った言い分(The Register)

    顧客データ人質にされた独大手 SI 企業の攻防、攻撃者が本誌に語った言い分(The Register)

  3. CrowdStrike Blog:「サイバー界のAK47」、Mimikatzを利用したシグネチャベースの検知回避

    CrowdStrike Blog:「サイバー界のAK47」、Mimikatzを利用したシグネチャベースの検知回避

  4. 国民健康保険関係書類の誤送付でマイナンバー含む個人情報が漏えい(神戸市)

    国民健康保険関係書類の誤送付でマイナンバー含む個人情報が漏えい(神戸市)

  5. 最終回:疑問その9「日商エレを苦しませたCASB導入案件とは」~日商エレに聞く、CASBとクラウドセキュリティの疑問

    最終回:疑問その9「日商エレを苦しませたCASB導入案件とは」~日商エレに聞く、CASBとクラウドセキュリティの疑問PR

  6. サイバー攻撃被害、日韓に存在した共通点

    サイバー攻撃被害、日韓に存在した共通点

  7. 黒大豆販売サイトへの不正アクセスでカード情報が流出、一部は不正利用された可能性も(小田垣商店)

    黒大豆販売サイトへの不正アクセスでカード情報が流出、一部は不正利用された可能性も(小田垣商店)

  8. 不正アクセスにより医師の氏名を騙るなりすましメールを送信(東京都保健医療公社 多摩北部医療センター)

    不正アクセスにより医師の氏名を騙るなりすましメールを送信(東京都保健医療公社 多摩北部医療センター)

  9. 謎のランサムウェア攻撃で Git のコミット消失、救出と引換にビットコイン要求の模様(The Register)

    謎のランサムウェア攻撃で Git のコミット消失、救出と引換にビットコイン要求の模様(The Register)

  10. 入退管理システムのセキュリティ対策要件チェックリストを公開(IPA)

    入退管理システムのセキュリティ対策要件チェックリストを公開(IPA)

ランキングをもっと見る