診断やトリアージ、迅速な意思決定と属人性排除のために~セキュリティ標準化最新動向セミナー | ScanNetSecurity
2021.09.19(日)

診断やトリアージ、迅速な意思決定と属人性排除のために~セキュリティ標準化最新動向セミナー

今回のセミナーでキーワードとなるのは、さまざまなセキュリティプロセスの「標準化」だ。「意思決定」「脆弱性診断」「インシデントレスポンス」の3つの領域に関して、各ジャンルに詳しい専門家が取り組む標準化動向に関して講演する。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
株式会社SHIFT SECURITYは、第3回 サイバーセキュリティ アカデミー「セキュリティ対策と最新動向は有識者から学ぼう~有識者3名が考えるこれからのセキュリティ戦略とは」を、3月5日 火曜日 15時から都内で開催する。

今回のセミナーでキーワードとなるのは、さまざまなセキュリティプロセスの「標準化」だ。「意思決定」「脆弱性診断」「インシデントレスポンス」の3つの領域に関して、各ジャンルに詳しい専門家が取り組む標準化動向に関して講演する。

最初に株式会社マキナレコード 代表取締役社長 軍司祐介氏が、「これからのセキュリティ対策のスタンダードとなるサイバーインテリジェンス」と題して、同氏が今後セキュリティの意思決定の標準となっていくと考えるサイバーインテリジェンスとその活用に関して講演する。

次に、株式会社SHIFT SECURITY 代表取締役社長 松野真一氏の講演「属人性を排除するセキュリティ診断の標準化について」では、同社が事業設立以来つづけてきたWebアプリケーションの脆弱性診断業務の標準化の方法と成果について解説する。

最期に、EY新日本有限責任監査法人 プリンシパル 杉山一郎氏による、「インシデント発生時の初動対応の標準化について」では、インシデント発生が疑われた際のトリアージを的確に行うことを目的とした、Fast Forensics などの最小限のデータ取得と分析や、意思決定を迅速に行うための「役割と責任の明確化」「シナリオ毎の対応フローの決定」「アウトソース先の選定と契約」などの、プロセスの標準化を行う際の具体的なポイントが語られる予定だ。

日時:2019 年 3 月 5 日(火)15:00~17:55
会場:株式会社SHIFT本社 12 階カフェスペース
定員:40 名
参加費:無料
申込:セミナーサイトより申し込み

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. P2Pネットワーク監視サービス「P2P FINDER」がBitTorrentに対応(クロスワープ)

    P2Pネットワーク監視サービス「P2P FINDER」がBitTorrentに対応(クロスワープ)

  2. 苗字でメール送信 社内システムで見た下の名前で誤送信気づく、1時間以内に対応完了

    苗字でメール送信 社内システムで見た下の名前で誤送信気づく、1時間以内に対応完了

  3. 「ここだけは絶対に守る そんな領域を作ろう」セキュリティベンダとしての日本HPの提案

    「ここだけは絶対に守る そんな領域を作ろう」セキュリティベンダとしての日本HPの提案PR

  4. LINEセキュリティチーム vs フィッシング詐欺、ゼロからの戦い

    LINEセキュリティチーム vs フィッシング詐欺、ゼロからの戦い

  5. ドメイン名ハイジャック対応、日本企業のベストプラクティス事例

    ドメイン名ハイジャック対応、日本企業のベストプラクティス事例

  6. JNSA 資料公開~「身代金支払」「インテリジェンスは合法か」セキュリティの法的議論 国際動向

    JNSA 資料公開~「身代金支払」「インテリジェンスは合法か」セキュリティの法的議論 国際動向

  7. オリエンタルコンサルタンツへのランサムウェア攻撃、新たに東京都の委託業務の被害も発覚

    オリエンタルコンサルタンツへのランサムウェア攻撃、新たに東京都の委託業務の被害も発覚

  8. 大手キャリアが「SOC1 Type1報告書」「SOC2 Type1報告書」同時取得

    大手キャリアが「SOC1 Type1報告書」「SOC2 Type1報告書」同時取得

  9. 海産珍味取扱い「伊勢せきやオンラインショップ」に不正アクセス、カード情報が流出

    海産珍味取扱い「伊勢せきやオンラインショップ」に不正アクセス、カード情報が流出

  10. Adobe Acrobat および Readerに過去に攻撃リスクが高いとされた脆弱性

    Adobe Acrobat および Readerに過去に攻撃リスクが高いとされた脆弱性

ランキングをもっと見る