「SilentDefense」を活用したビルシステム向け監視ソリューションを開発(マクニカネットワークス) | ScanNetSecurity
2022.05.23(月)

「SilentDefense」を活用したビルシステム向け監視ソリューションを開発(マクニカネットワークス)

マクニカネットワークスは、米ForeScout社の「SilentDefense」を活用したビルシステム向け制御ネットワーク監視ソリューションを開発した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
システムイメージ
システムイメージ 全 2 枚 拡大写真
マクニカネットワークス株式会社は4月10日、米ForeScout社(旧SecurityMatters社の産業用制御システム向けセキュリティ対策ソリューション「SilentDefense(サイレントディフェンス)」を活用したビルシステム向け制御ネットワーク監視ソリューションを開発したと発表した。

このソリューション開発により、SilentDefenseが持つ、ベースライン設定・脅威インテリジェンス・ネットワークマッピング・アセット管理・ダッシュボードという代表的な機能を軸として、実際のビルシステム導入時の効果的な実用方法を明確化した。

また、開発の過程で、IPアドレスを持たないファンコイルユニット等の物理デバイス(アクチュエータ)の可視化・管理を行い、重要な物理デバイスに関しては値をリアルタイムで監視することが、セキュリティ対策で重要となるという考えに至ったという。同社ではこれを「ビルシステムに関わる全ての人のためのサイバーセキュリティ対策ガイド~脅威にさらされてからでは間に合わない~」というホワイトペーパーにまとめ、公開している。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 「MACHATT ONLINE STORE」に不正アクセス、16,093名のカード情報が漏えい

    「MACHATT ONLINE STORE」に不正アクセス、16,093名のカード情報が漏えい

  2. PayPayカードで指定信用情報機関への信用情報を誤登録、与信判断に影響

    PayPayカードで指定信用情報機関への信用情報を誤登録、与信判断に影響

  3. 国産パブリッククラウド「ニフクラ」に不正アクセス、公表されたロードバランサーの脆弱性を悪用

    国産パブリッククラウド「ニフクラ」に不正アクセス、公表されたロードバランサーの脆弱性を悪用

  4. 京都で不動産業を行う長栄のサーバに不正アクセス、現時点で顧客関連情報の流出は確認されず

    京都で不動産業を行う長栄のサーバに不正アクセス、現時点で顧客関連情報の流出は確認されず

  5. 二重チェックでも気付けず、会員専用サイト「レジナビ」内のメッセージに個人情報含むCSVファイル添付

    二重チェックでも気付けず、会員専用サイト「レジナビ」内のメッセージに個人情報含むCSVファイル添付

  6. 2022年9月以降はe-Govで「SSL3.0」「TLS1.0」「TLS1.1」を利用禁止

    2022年9月以降はe-Govで「SSL3.0」「TLS1.0」「TLS1.1」を利用禁止

  7. しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

    しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

  8. PlayStation公式になりすましたアカウントに注意喚起、個人情報要求DMも

    PlayStation公式になりすましたアカウントに注意喚起、個人情報要求DMも

  9. 順天堂医院の医師が電車内にパソコンを置き忘れ紛失、所属長から厳重注意

    順天堂医院の医師が電車内にパソコンを置き忘れ紛失、所属長から厳重注意

  10. 実践的サイバー防御演習「CYDER」の2022年度の申込み受付を開始

    実践的サイバー防御演習「CYDER」の2022年度の申込み受付を開始

ランキングをもっと見る