教職員のメールアカウントが不正アクセス被害、迷惑メール1万件を送信(新潟県立大学) | ScanNetSecurity
2024.07.14(日)

教職員のメールアカウントが不正アクセス被害、迷惑メール1万件を送信(新潟県立大学)

新潟県立大学は5月27日、5月19日夜から20日の午前にかけて同学の一教職員のメールアカウントが学外からの不正アクセスを受け、学外に迷惑メール約1万件を送信したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真
新潟県立大学は5月27日、5月19日夜から20日の午前にかけて同学の一教職員のメールアカウントが学外からの不正アクセスを受け、学外に迷惑メール約1万件を送信したことが判明したと発表した。

同学では本件の発生を認知した後、速やかに当該メールアカウントのパスワードを変更し迷惑メールの送信を停止した。

現段階では個人情報の漏えい等の二次被害は確認されていないが、不正アクセスに至った経緯や受信トレイ、送信済みトレイにアクセスされた痕跡の有無等を含め、引き続き調査を行う。

なお同学のメールサーバーは学外のクラウドサービスを利用しているため、同学の他の情報ネットワークシステム等への侵入は確認されていない。

同学では今後、セキュリティ対策のさらなる強化に努め再発の防止に取り組むとのこと。

《ScanNetSecurity》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 臨地実習で個人情報記載の書類を紛失、匿名の届け出で判明(共立女子大学)

    臨地実習で個人情報記載の書類を紛失、匿名の届け出で判明(共立女子大学)

  2. 「ITパスポート試験」が1位に ~ 日本の資格検定アワード2023

    「ITパスポート試験」が1位に ~ 日本の資格検定アワード2023

  3. NTTデータグループ ルーマニア拠点に不正アクセス、ランサムウェアによる攻撃の可能性含め解析を進める

    NTTデータグループ ルーマニア拠点に不正アクセス、ランサムウェアによる攻撃の可能性含め解析を進める

  4. イセトーへのランサムウェア攻撃で豊田市の推定 42 万人分の個人情報が漏えい、被害発生時は契約に基づき対応

    イセトーへのランサムウェア攻撃で豊田市の推定 42 万人分の個人情報が漏えい、被害発生時は契約に基づき対応

  5. 契約終了後もデータの削除を怠り保存が原因 ~ イセトーへのランサムウェア攻撃で和歌山市の個人情報も漏えい

    契約終了後もデータの削除を怠り保存が原因 ~ イセトーへのランサムウェア攻撃で和歌山市の個人情報も漏えい

ランキングをもっと見る
PageTop