複数の高度な機能を持つランサムウェア「Sodin」、アジアを中心に拡大(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2019.11.15(金)

複数の高度な機能を持つランサムウェア「Sodin」、アジアを中心に拡大(カスペルスキー)

カスペルスキーは、Windowsの既知の脆弱性を悪用するランサムウェア「Sodin」を発見したと発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社カスペルスキーは7月12日、Windowsの既知の脆弱性を悪用するランサムウェア「Sodin」を発見したと発表した。同社のリサーチチームが発見したもので、複数の高度な機能を持つ「まれ」なランサムウェアであるとしている。Sodinは、2018年10月に発見されたWindowsの権限昇格のゼロデイ脆弱性(CVE-2018-8453)を悪用してセキュリティソリューションの検知を回避し、感染を拡大する。

この脆弱性を悪用することで、メールの添付ファイルを開いたり、悪意のあるリンクをクリックするなど、ユーザが操作を行うことなく感染する。攻撃者は脆弱なサーバを見つけて悪意あるファイルradm.exeをダウンロードさせるコマンドを送るだけで、Sodinがローカルに保存され実行される。また、ランサムウェアには珍しく32ビットプロセスから64ビットコードを実行する「Heaven's Gate」という手法を使用している。

SodinはRaaS(Ransomware as a Service)のスキームのひとつとみられ、攻撃手法を自由に選ぶことができる。Sodinではアフィリエイトプログラムを経由して配布されている形跡があり、検知の17.6%は台湾、9.8%が香港、8.8%が韓国など、アジア地域を主な標的としている。検知の回避にCPUアーキテクチャを使用するなど膨大なリソースにより作成されている可能性があり、今後も攻撃が増加するとみている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

    メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

  2. CrowdStrike Blog:新学期をさらに憂うつにさせるランサムウェア

    CrowdStrike Blog:新学期をさらに憂うつにさせるランサムウェア

  3. サイバーリスク増大予想するも準備はできていないと考える日本(ファイア・アイ)

    サイバーリスク増大予想するも準備はできていないと考える日本(ファイア・アイ)

  4. 「カードの不正使用を検知し凍結した」とする、MyJCB偽メール(フィッシング対策協議会)

    「カードの不正使用を検知し凍結した」とする、MyJCB偽メール(フィッシング対策協議会)

  5. マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

  6. 独裁者御用達マルウェア「フィンフィッシャー」作成企業、ドイツのジャーナリストへ脅迫状 ~ 奴らは「ストライサンド効果」を知らないのか(The Register)

    独裁者御用達マルウェア「フィンフィッシャー」作成企業、ドイツのジャーナリストへ脅迫状 ~ 奴らは「ストライサンド効果」を知らないのか(The Register)

  7. 「5pb. Records div2 official shop」へ不正アクセス、カード情報が流出(コムス)

    「5pb. Records div2 official shop」へ不正アクセス、カード情報が流出(コムス)

  8. 重要インフラ14分野による分野横断的演習を開催、約5,000名が参加(NISC)

    重要インフラ14分野による分野横断的演習を開催、約5,000名が参加(NISC)

  9. Web上で行えるAndroidアプリの脆弱性診断サービス、LACへ譲渡(ラック)

    Web上で行えるAndroidアプリの脆弱性診断サービス、LACへ譲渡(ラック)

  10. MITRE ATT&CKフレームワーク等に準じた疑似攻撃で対策の有効性評価(ファイア・アイ)

    MITRE ATT&CKフレームワーク等に準じた疑似攻撃で対策の有効性評価(ファイア・アイ)

ランキングをもっと見る