「NOTICE」など取組が奏功か、Mirai関連パケット減少--定点観測レポート(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity
2019.11.15(金)

「NOTICE」など取組が奏功か、Mirai関連パケット減少--定点観測レポート(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、2019年4月から6月における「インターネット定点観測レポート」を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
宛先ポート番号トップ5
宛先ポート番号トップ5 全 4 枚 拡大写真
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は7月16日、2019年4月から6月における「インターネット定点観測レポート」を公開した。本レポートは、インターネット上に複数のセンサーを分散配置し、不特定多数に向けて発信されるパケットを継続的に収集、宛先ポート番号や送信元地域ごとに分類したものを、脆弱性情報、マルウェアや攻撃ツールの情報などと対比して分析したもの。

同四半期における宛先ポート番号トップ5は、1位「23/TCP(telnet)」(前四半期1位)、2位「445/TCP(microsoft-ds)」(同2位)、3位「37215/TCP」(同TOP10外)、4位「22/TCP(ssh)」(同5位)、5位「80/TCP(http)」(同6位)となった。送信元地域トップ5では、1位「ロシア」(同1位)、2位「米国」(同2位)、3位「中国」(同3位)、4位「オランダ」(同4位)、5位「台湾」(同TOP10外)となっている。

また、同四半期に注目された現象として、「日本から送信されたパケットの動向」および「3389/TCP宛のパケットの動向」を挙げている。日本を送信元としたパケットは継続的に23/TCP宛がもっとも多く、その大部分はMiraiおよびその亜種に感染した機器によるものであった。しかし、「NOTICE」などの対策が進んだことでこのパケットは減少し、代わりに445/TCP宛のパケットが少しずつ増加。一時的に上回る時間帯も出ている。JPCERT/CCでは、今回観測したパケットがマルウエアに感染したWindowsサーバからの感染範囲を拡大するためのものと推測している。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

    メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

  2. CrowdStrike Blog:新学期をさらに憂うつにさせるランサムウェア

    CrowdStrike Blog:新学期をさらに憂うつにさせるランサムウェア

  3. サイバーリスク増大予想するも準備はできていないと考える日本(ファイア・アイ)

    サイバーリスク増大予想するも準備はできていないと考える日本(ファイア・アイ)

  4. 「カードの不正使用を検知し凍結した」とする、MyJCB偽メール(フィッシング対策協議会)

    「カードの不正使用を検知し凍結した」とする、MyJCB偽メール(フィッシング対策協議会)

  5. マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

  6. 「5pb. Records div2 official shop」へ不正アクセス、カード情報が流出(コムス)

    「5pb. Records div2 official shop」へ不正アクセス、カード情報が流出(コムス)

  7. 独裁者御用達マルウェア「フィンフィッシャー」作成企業、ドイツのジャーナリストへ脅迫状 ~ 奴らは「ストライサンド効果」を知らないのか(The Register)

    独裁者御用達マルウェア「フィンフィッシャー」作成企業、ドイツのジャーナリストへ脅迫状 ~ 奴らは「ストライサンド効果」を知らないのか(The Register)

  8. Windows 7などのサポート終了に対し、現状と支援施策を発表(日本マイクロソフト)

    Windows 7などのサポート終了に対し、現状と支援施策を発表(日本マイクロソフト)

  9. 「Windows 7よ永遠に」プログラム書き込み禁止でWindows 7を使い続けられるソフト(電机本舗)

    「Windows 7よ永遠に」プログラム書き込み禁止でWindows 7を使い続けられるソフト(電机本舗)

  10. Web上で行えるAndroidアプリの脆弱性診断サービス、LACへ譲渡(ラック)

    Web上で行えるAndroidアプリの脆弱性診断サービス、LACへ譲渡(ラック)

ランキングをもっと見る