オンライン詐欺を即時検知、EC加盟店向けサービス(マクニカネットワークス) | ScanNetSecurity
2019.10.15(火)

オンライン詐欺を即時検知、EC加盟店向けサービス(マクニカネットワークス)

マクニカネットワークスは、Sift社と代理店契約を締結、「Siftデジタルトラストアンドセーフティプラットフォーム(SaaS)」の取扱いを開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
Siftの特徴:機械学習によるオートメーション
Siftの特徴:機械学習によるオートメーション 全 3 枚 拡大写真
マクニカネットワークス株式会社は9月13日、米Sift, Inc.(Sift社)と代理店契約を締結したと発表した。これによりマクニカネットワークスは、Sift社の「Siftデジタルトラストアンドセーフティプラットフォーム(SaaS)」(Sift)の取扱いを開始する。機械学習によりルールベースでは対応できない振る舞いや予測の学習、ワークフローの自動化を実現し、詐欺の知見はAUエンジンにより学習され個々のユーザに反映される。

Siftは、ECサイトやインターネット上で、取引相手が信頼できるユーザかどうかを機械学習によって瞬時に識別する。アカウントの乗っ取りや成りすまし、盗難されたクレジットカードの利用や、偽アカウントの作成、スパムや違法コンテンツを流すなどの行動がみられるユーザをリアルタイムに検知するため、オンライン詐欺を未然に防ぐことができる。

Siftは、クレジット取引セキュリティ対策協議会が2019年3月1日に公表した「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画―2019―」で不正利用対策の具体的な方策として記載されている「本人認証」「券面認証」「属性・行動分析」「配送先情報」のうち、「属性・行動分析」「配送先情報」における仕組みを提供するものとなる。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. インターコムクラブへパスワードリスト型攻撃、ポイントの不正交換も確認(ジャックス)

    インターコムクラブへパスワードリスト型攻撃、ポイントの不正交換も確認(ジャックス)

  2. ペネトレーションテスターが業務中に逮捕される、“信じられないほどの不手際が重なった” のか(The Register)

    ペネトレーションテスターが業務中に逮捕される、“信じられないほどの不手際が重なった” のか(The Register)

  3. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  4. 10連休控え例年より早く発表、今年の長期休暇におけるセキュリティ注意喚起(IPA)

    10連休控え例年より早く発表、今年の長期休暇におけるセキュリティ注意喚起(IPA)

  5. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

  6. 車検証の電子化に向けてセキュリティ面を含めた技術的要件を検討(国土交通省)

    車検証の電子化に向けてセキュリティ面を含めた技術的要件を検討(国土交通省)

  7. サポート終了後も稼働するVistaとOffice 2007、台数と脆弱性件数(トレンドマイクロ)

    サポート終了後も稼働するVistaとOffice 2007、台数と脆弱性件数(トレンドマイクロ)

  8. MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解

    MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解PR

  9. 「FONルータ」に、他組織へのDDoS攻撃に悪用される脆弱性(JVN)

    「FONルータ」に、他組織へのDDoS攻撃に悪用される脆弱性(JVN)

  10. 「ECオーダー.com」利用者のカード情報が流出、7月中旬に漏えい疑いあるも詳細情報得られず(ホビボックス)

    「ECオーダー.com」利用者のカード情報が流出、7月中旬に漏えい疑いあるも詳細情報得られず(ホビボックス)

ランキングをもっと見る