オンライン詐欺を即時検知、EC加盟店向けサービス(マクニカネットワークス) | ScanNetSecurity
2020.02.18(火)

オンライン詐欺を即時検知、EC加盟店向けサービス(マクニカネットワークス)

マクニカネットワークスは、Sift社と代理店契約を締結、「Siftデジタルトラストアンドセーフティプラットフォーム(SaaS)」の取扱いを開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
Siftの特徴:機械学習によるオートメーション
Siftの特徴:機械学習によるオートメーション 全 3 枚 拡大写真
マクニカネットワークス株式会社は9月13日、米Sift, Inc.(Sift社)と代理店契約を締結したと発表した。これによりマクニカネットワークスは、Sift社の「Siftデジタルトラストアンドセーフティプラットフォーム(SaaS)」(Sift)の取扱いを開始する。機械学習によりルールベースでは対応できない振る舞いや予測の学習、ワークフローの自動化を実現し、詐欺の知見はAUエンジンにより学習され個々のユーザに反映される。

Siftは、ECサイトやインターネット上で、取引相手が信頼できるユーザかどうかを機械学習によって瞬時に識別する。アカウントの乗っ取りや成りすまし、盗難されたクレジットカードの利用や、偽アカウントの作成、スパムや違法コンテンツを流すなどの行動がみられるユーザをリアルタイムに検知するため、オンライン詐欺を未然に防ぐことができる。

Siftは、クレジット取引セキュリティ対策協議会が2019年3月1日に公表した「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画―2019―」で不正利用対策の具体的な方策として記載されている「本人認証」「券面認証」「属性・行動分析」「配送先情報」のうち、「属性・行動分析」「配送先情報」における仕組みを提供するものとなる。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 新型コロナウイルスに関する注意喚起メール誤送信、24事業者アドレス流出(神戸市)

    新型コロナウイルスに関する注意喚起メール誤送信、24事業者アドレス流出(神戸市)

  2. 攻撃プロセスなど不正アクセスに関する情報を共有(三菱電機)

    攻撃プロセスなど不正アクセスに関する情報を共有(三菱電機)

  3. gmai.com ドメインは実在、タイプミス誤送信 法人情報流出(新潟県)

    gmai.com ドメインは実在、タイプミス誤送信 法人情報流出(新潟県)

  4. 上野宣氏のような人材も 情報セキュリティ人材のマッチングサービス「vCISO」正式サービスイン(GSX)

    上野宣氏のような人材も 情報セキュリティ人材のマッチングサービス「vCISO」正式サービスイン(GSX)

  5. 「情報セキュリティ文化賞」発表、上野宣氏、川口洋氏など6名が受賞(情報セキュリティ大学院大学)

    「情報セキュリティ文化賞」発表、上野宣氏、川口洋氏など6名が受賞(情報セキュリティ大学院大学)

  6. タイプミスしたメールアドレス実在し数ヶ月「全員に返信」、調査で類似事案も発見(佐賀県)

    タイプミスしたメールアドレス実在し数ヶ月「全員に返信」、調査で類似事案も発見(佐賀県)

  7. マイクロソフトが2月のセキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが2月のセキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

  8. 横須賀にR&Dセンター開設(FFRI)

    横須賀にR&Dセンター開設(FFRI)

  9. サポート終了の「IBM ServeRAID Manager」にリモートコード実行の脆弱性(JVN)

    サポート終了の「IBM ServeRAID Manager」にリモートコード実行の脆弱性(JVN)

  10. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

ランキングをもっと見る