港湾局公開サイトから公序良俗に反する内容を含むサイトへの接続を確認、ドメイン権利期間終了のため(大阪市) | ScanNetSecurity
2019.12.15(日)

港湾局公開サイトから公序良俗に反する内容を含むサイトへの接続を確認、ドメイン権利期間終了のため(大阪市)

大阪市は10月4日、大阪市港湾局が公開していたサイトから公序良俗に反する内容を含むサイトへ接続される状態となっていたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 3 枚 拡大写真
大阪市は10月4日、大阪市港湾局が公開していたサイトから公序良俗に反する内容を含むサイトへ接続される状態となっていたことが判明したと発表した。

これは10月1日に、同市港湾局が過去のイベント特設サイトの記録として公開していたサイトから公序良俗に反する内容を含むサイトへ接続されると他の公的機関の職員から指摘があり、同局職員が確認したところ同サイトで使用していたドメインの権利期間終了後に第三者によって当該ドメインが取得され、同サイトを閲覧しようとすると公序良俗に反する内容を含むサイトへ接続されることが判明したというもの。事業期間終了後に港湾局が記録用サイトを公開する際に、同サイトの運用者からドメインの権利期間等について引き継がれず、確認も不十分であった。

同市では10月1日に、港湾局ホームページから同サイトへのリンク設定を削除し、10月2日に同サイトの公開を停止、大阪市ホームページ上の全てのコンテンツからリンク設定を削除した。

同市では今後、過去のイベント特設サイトへリンク設定が行われている場合は公序良俗に反する内容を含むサイトへ接続されることを港湾局ホームページ等で周知し不用意に閲覧を行わないよう呼びかけを行うとともに、企業、団体、個人等で作成されたホームページから同サイトへリンク設定が行われている場合は削除するよう依頼、またドメインの取り扱いについて管理を徹底し再発防止に努めるとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 業務用PCが「Emotet」に感染、迷惑メールを送信(おめめどう)

    業務用PCが「Emotet」に感染、迷惑メールを送信(おめめどう)

  2. 「象印でショッピング」へ不正アクセス、流出したアドレスにメール送信しカード情報を盗取(象印マホービン)

    「象印でショッピング」へ不正アクセス、流出したアドレスにメール送信しカード情報を盗取(象印マホービン)

  3. 「リクナビDMPフォロー」サービス利用企業へも指導(個人情報保護委員会)

    「リクナビDMPフォロー」サービス利用企業へも指導(個人情報保護委員会)

  4. 「グラマシーニューヨークオンラインショップ」に不正アクセス、カード情報3,312件が流出(プレジィール)

    「グラマシーニューヨークオンラインショップ」に不正アクセス、カード情報3,312件が流出(プレジィール)

  5. 業務を受託している2病院から患者情報を紙資料で持ち出し(インテック)

    業務を受託している2病院から患者情報を紙資料で持ち出し(インテック)

  6. リース会社に返却したHDDを委託会社の社員が横領、オークションサイトに流出(神奈川県)

    リース会社に返却したHDDを委託会社の社員が横領、オークションサイトに流出(神奈川県)

  7. FAX誤送信、顧客の貯金残高等が流出(JA高知県)

    FAX誤送信、顧客の貯金残高等が流出(JA高知県)

  8. 業務用PCが「Emotet」に感染、不正メールの送信を確認(サンウェル)

    業務用PCが「Emotet」に感染、不正メールの送信を確認(サンウェル)

  9. マルウェア「Emotet」の感染被害が急増、対処法や対策など紹介(ラック)

    マルウェア「Emotet」の感染被害が急増、対処法や対策など紹介(ラック)

  10. ペネトレーションテストを明確に定義、事例も掲載したドキュメント公開(脆弱性診断士スキルマッププロジェクト)

    ペネトレーションテストを明確に定義、事例も掲載したドキュメント公開(脆弱性診断士スキルマッププロジェクト)

ランキングをもっと見る