BIND 9.xに2つの脆弱性、アップデートを呼びかけ(JPRS、JVN) | ScanNetSecurity
2020.06.01(月)

BIND 9.xに2つの脆弱性、アップデートを呼びかけ(JPRS、JVN)

JPRSは、「BIND 9.xの脆弱性(DNSサービスの停止)について(CVE-2019-6476)」の注意喚起を発表した。IPAおよびJPCERT/CCも、「ISC BIND 9 における複数の脆弱性」を発表している。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
JVN(Japan Vulnerability Notes)jvn.jp
JVN(Japan Vulnerability Notes)jvn.jp 全 1 枚 拡大写真
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は10月17日、「BIND 9.xの脆弱性(DNSサービスの停止)について(CVE-2019-6476)」の注意喚起を発表した。独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)も同日、「ISC BIND 9 における複数の脆弱性」を発表している。これは、開発元であるISCから脆弱性情報が発表されたもので、ISCでは本脆弱性の深刻度(Severity)を「中(Medium)」と評価している。

「BIND 9.14.0 から 9.14.6」には、「mirror zone データの検証不備(CVE-2019-6475)」および「QNAME minimization 処理の不備によるサービス停止(CVE-2019-6476)」の脆弱性が存在する。これらの脆弱性が悪用されると、遠隔の第三者によって、偽のゾーンデータを named に挿入される(CVE-2019-6475)、遠隔の第三者によって、named が停止される(CVE-2019-6476)といった影響を受ける可能性がある。

JVNでは対策方法として、開発者が提供する情報をもとに、最新版へアップデートするよう呼びかけている。なお、最新版は「BIND 9.14.7」および「BIND 9.15.5 (開発版)」となる。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

    楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

  2. 今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

    今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

  3. 日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

    日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

  4. メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

    メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

  5. iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

    iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

  6. 問い合わせフォームを悪用した不正メールに注意喚起、発信元IP特定し遮断(船橋市)

    問い合わせフォームを悪用した不正メールに注意喚起、発信元IP特定し遮断(船橋市)

  7. 愛知県の新型コロナウイルス感染者の氏名等495件誤掲載

    愛知県の新型コロナウイルス感染者の氏名等495件誤掲載

  8. 外部から不正にWebサイトのプログラム書き換え(高知県言語聴覚士会)

    外部から不正にWebサイトのプログラム書き換え(高知県言語聴覚士会)

  9. コールセンター業務委託先で新型コロナウイルス相談記録データを誤送信(愛媛県、NTTマーケティングアクト)

    コールセンター業務委託先で新型コロナウイルス相談記録データを誤送信(愛媛県、NTTマーケティングアクト)

  10. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

ランキングをもっと見る