脅威インテリジェンスの一部機能を無償提供、ファイルやURLを分析可能(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2020.08.08(土)

脅威インテリジェンスの一部機能を無償提供、ファイルやURLを分析可能(カスペルスキー)

カスペルスキーは、Kasperskyが収集したサイバー攻撃に関するあらゆるデータや知見などの脅威インテリジェンスにアクセスできるポータルサイト「Kaspersky Threat Intelligence Portal」へのオープンアクセスを開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
Kaspersky Threat Intelligence Portalトップ画面
Kaspersky Threat Intelligence Portalトップ画面 全 3 枚 拡大写真
株式会社カスペルスキーは12月5日、Kasperskyが収集したサイバー攻撃に関するあらゆるデータや知見などの脅威インテリジェンスにアクセスできるポータルサイト「Kaspersky Threat Intelligence Portal」へのオープンアクセスを開始したと発表した。これまで利用契約企業のみに提供していた機能のいくつかを、契約のない企業でも利用可能となった。

同社が2019年に実施した調査では、脅威インテリジェンスを使用している企業は36%にすぎず、31%は12カ月以内の実装に向けて取り組んでいる状況であった。また、市販の脅威インテリジェンスの採用を阻む主な原因のひとつが、その費用の高さであることから、一部機能の無料提供に至ったとしている。無料提供では、回数無制限でファイルをアップロードして調べることができ、URLやハッシュ、IPアドレスは1日に100回まで調べることができる。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  2. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  3. ホームルーター調査、127製品ほぼ全てに脆弱性/英・加、APT29 による攻撃報告 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

    ホームルーター調査、127製品ほぼ全てに脆弱性/英・加、APT29 による攻撃報告 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

  4. COVID-19脅威レポートを発表、クラウドサービスを標的とした外部脅威が630%増加(マカフィー)

    COVID-19脅威レポートを発表、クラウドサービスを標的とした外部脅威が630%増加(マカフィー)

  5. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  6. テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

    テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

  7. いつもと違う夏 ~ FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2020 注目セッション

    いつもと違う夏 ~ FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2020 注目セッション

  8. テレワークで増えた3つの業務とは、実態調査を発表(ALSI)

    テレワークで増えた3つの業務とは、実態調査を発表(ALSI)

  9. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  10. 「三越伊勢丹オンラインストア」「エムアイカード ホームページ」にパスワードリスト型攻撃(三越伊勢丹)

    「三越伊勢丹オンラインストア」「エムアイカード ホームページ」にパスワードリスト型攻撃(三越伊勢丹)

ランキングをもっと見る