セキュリティ対策状況、経営層600人調査(サイバーセキュリティクラウド) | ScanNetSecurity
2020.07.04(土)

セキュリティ対策状況、経営層600人調査(サイバーセキュリティクラウド)

サイバーセキュリティクラウドは、同社が実施した「経営層600人に聞く最新セキュリティ対策調査」の結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
サイバーセキュリティの経営リスク意識
サイバーセキュリティの経営リスク意識 全 3 枚 拡大写真
株式会社サイバーセキュリティクラウドは3月24日、同社が実施した「経営層600人に聞く最新セキュリティ対策調査」の結果を発表した。同調査は1月24日~1月26日、20~59歳の役員・経営者を対象に、インターネット調査により実施したもの。回答者数は600名(従業員規模100名未満、100~299名、300名以上の企業各200名ずつ)。

調査結果によると、経営層全体の7割以上(75.0%)がサイバーセキュリティを経営リスクとして考えていることがわかった。特に、従業員規模が300名以上の企業では86.0%と、より高い危機感を示した。一方で、従業員規模300名以上の企業のうち1年以内にサイバー攻撃の被害に遭ったのは13.5%であった。被害が発生したサイバー攻撃の種類では、「システムの障害(42.3%)」「情報漏えい(38.5%)」「業務データの破壊・損失(30.8%)」がトップ3となっている。何かしらのセキュリティ対策を講じている企業は全体の6割以上(66.0%)を占めた。

サイバーセキュリティへの投資については、全体の86.7%が「前年と同様」、もしくは「前年よりも規模を拡大」すると回答した。特に、従業員規模300名以上の企業では、46.0%の経営層が前年よりもサイバーセキュリティへ積極的に投資していくと回答した。また、AIによるセキュリティ対策の強化については38.3%が「今後、導入が必要」と考えていることも明らかになった。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. コロナ前のデータで訓練された機械学習モデル、現在完全に破綻

    コロナ前のデータで訓練された機械学習モデル、現在完全に破綻

  2. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  3. LINEプロフィール画像改ざん事件、脆弱性検証から逸脱した行為と判断(LINE)

    LINEプロフィール画像改ざん事件、脆弱性検証から逸脱した行為と判断(LINE)

  4. サイバーパンフレット サイバー攻撃の現状 2020(公安調査庁)

    サイバーパンフレット サイバー攻撃の現状 2020(公安調査庁)

  5. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  6. ScanNetSecurity BASIC MEMBERS 会員限定記事 ログインパスワード発行 URL のおしらせ  (対象:2015 年7 月 15 日 より前に無料メルマガ「Scan BASIC」の読者であったみなさま)

    ScanNetSecurity BASIC MEMBERS 会員限定記事 ログインパスワード発行 URL のおしらせ (対象:2015 年7 月 15 日 より前に無料メルマガ「Scan BASIC」の読者であったみなさま)

  7. 不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

    不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

  8. テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

    テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

  9. クラウド侵害の半数近くがホストアプリを経由(日本IBM)

    クラウド侵害の半数近くがホストアプリを経由(日本IBM)

  10. 汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

    汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

ランキングをもっと見る