セキュリティ対策状況、経営層600人調査(サイバーセキュリティクラウド) | ScanNetSecurity
2020.04.06(月)

セキュリティ対策状況、経営層600人調査(サイバーセキュリティクラウド)

サイバーセキュリティクラウドは、同社が実施した「経営層600人に聞く最新セキュリティ対策調査」の結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
サイバーセキュリティの経営リスク意識
サイバーセキュリティの経営リスク意識 全 3 枚 拡大写真
株式会社サイバーセキュリティクラウドは3月24日、同社が実施した「経営層600人に聞く最新セキュリティ対策調査」の結果を発表した。同調査は1月24日~1月26日、20~59歳の役員・経営者を対象に、インターネット調査により実施したもの。回答者数は600名(従業員規模100名未満、100~299名、300名以上の企業各200名ずつ)。

調査結果によると、経営層全体の7割以上(75.0%)がサイバーセキュリティを経営リスクとして考えていることがわかった。特に、従業員規模が300名以上の企業では86.0%と、より高い危機感を示した。一方で、従業員規模300名以上の企業のうち1年以内にサイバー攻撃の被害に遭ったのは13.5%であった。被害が発生したサイバー攻撃の種類では、「システムの障害(42.3%)」「情報漏えい(38.5%)」「業務データの破壊・損失(30.8%)」がトップ3となっている。何かしらのセキュリティ対策を講じている企業は全体の6割以上(66.0%)を占めた。

サイバーセキュリティへの投資については、全体の86.7%が「前年と同様」、もしくは「前年よりも規模を拡大」すると回答した。特に、従業員規模300名以上の企業では、46.0%の経営層が前年よりもサイバーセキュリティへ積極的に投資していくと回答した。また、AIによるセキュリティ対策の強化については38.3%が「今後、導入が必要」と考えていることも明らかになった。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. 従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

    従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

  2. セキュリティ・キャンプ修了生が起業した AI セキュリティ企業が資金調達(ChillStack)

    セキュリティ・キャンプ修了生が起業した AI セキュリティ企業が資金調達(ChillStack)

  3. 成人動画サービスの顧客情報漏えい続報、原因はCDNのキャッシュか(ソフト・オン・デマンド)

    成人動画サービスの顧客情報漏えい続報、原因はCDNのキャッシュか(ソフト・オン・デマンド)

  4. “情シス as a サービス”構想展開開始、第1弾はIT資産管理(バリオセキュア)

    “情シス as a サービス”構想展開開始、第1弾はIT資産管理(バリオセキュア)

  5. セーブデータの改造ツール提供の法人ら、技術的制限の不正回避で摘発(ACCS)

    セーブデータの改造ツール提供の法人ら、技術的制限の不正回避で摘発(ACCS)

  6. 自動投薬システムに、機微な情報を閲覧・改ざんされる脆弱性(JVN)

    自動投薬システムに、機微な情報を閲覧・改ざんされる脆弱性(JVN)

  7. 産業用ルータOS「HiOS」「HiSecOS」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

    産業用ルータOS「HiOS」「HiSecOS」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  8. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  9. オフィシャルサイトが改ざん被害で公開停止、原因解明中(ソニー・ミュージック)

    オフィシャルサイトが改ざん被害で公開停止、原因解明中(ソニー・ミュージック)

  10. 日本国内のサイバー犯罪被害者数は年間2,460万人、2019年調査(ノートンライフロック)

    日本国内のサイバー犯罪被害者数は年間2,460万人、2019年調査(ノートンライフロック)

ランキングをもっと見る