EDRのフルマネージメントサービスを提供開始(大塚商会) | ScanNetSecurity
2021.09.19(日)

EDRのフルマネージメントサービスを提供開始(大塚商会)

大塚商会は、企業の資産を保護する「らくらくEDR」サービスを4月1日より提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
サービスのイメージ
サービスのイメージ 全 1 枚 拡大写真
株式会社大塚商会は3月30日、企業の資産を保護する「らくらくEDR」サービスを4月1日より提供開始すると発表した。マルウェアを使用した攻撃が多様化・高度化しており、従来のウイルス対策ソフトや多層防御だけでは検出、防御が困難になってきている現状に対し、ウイルス感染時の一時対処と詳細調査を迅速に行い、被害の拡大を防ぐEDRソリューションが求められている。

しかし、EDRソリューションはライセンスコストや専任の担当者の任命、運用負荷などの課題があり、導入があまり進んでいない。「らくらくEDR」では、脅威を検知・防御するEDR機能のほかに、同社のセキュリティオペレーションセンター(大塚商会SOC)がセキュリティログを分析し、対処が必要な脅威に対してメールで通知、さらに検知した脅威の対処・報告を運用代行サービスとして提供する。価格は1クライアントあたり月額250円(税別)。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. P2Pネットワーク監視サービス「P2P FINDER」がBitTorrentに対応(クロスワープ)

    P2Pネットワーク監視サービス「P2P FINDER」がBitTorrentに対応(クロスワープ)

  2. 苗字でメール送信 社内システムで見た下の名前で誤送信気づく、1時間以内に対応完了

    苗字でメール送信 社内システムで見た下の名前で誤送信気づく、1時間以内に対応完了

  3. 「ここだけは絶対に守る そんな領域を作ろう」セキュリティベンダとしての日本HPの提案

    「ここだけは絶対に守る そんな領域を作ろう」セキュリティベンダとしての日本HPの提案PR

  4. LINEセキュリティチーム vs フィッシング詐欺、ゼロからの戦い

    LINEセキュリティチーム vs フィッシング詐欺、ゼロからの戦い

  5. ドメイン名ハイジャック対応、日本企業のベストプラクティス事例

    ドメイン名ハイジャック対応、日本企業のベストプラクティス事例

  6. JNSA 資料公開~「身代金支払」「インテリジェンスは合法か」セキュリティの法的議論 国際動向

    JNSA 資料公開~「身代金支払」「インテリジェンスは合法か」セキュリティの法的議論 国際動向

  7. オリエンタルコンサルタンツへのランサムウェア攻撃、新たに東京都の委託業務の被害も発覚

    オリエンタルコンサルタンツへのランサムウェア攻撃、新たに東京都の委託業務の被害も発覚

  8. 大手キャリアが「SOC1 Type1報告書」「SOC2 Type1報告書」同時取得

    大手キャリアが「SOC1 Type1報告書」「SOC2 Type1報告書」同時取得

  9. 海産珍味取扱い「伊勢せきやオンラインショップ」に不正アクセス、カード情報が流出

    海産珍味取扱い「伊勢せきやオンラインショップ」に不正アクセス、カード情報が流出

  10. メールはサイバー攻撃の元凶、SAJが政策要望をとりまとめ提出

    メールはサイバー攻撃の元凶、SAJが政策要望をとりまとめ提出

ランキングをもっと見る