検疫隔離に従わなければ発砲のフィリピン、新型コロナウイルスキャリア追跡アプリ開発(The Register) | ScanNetSecurity
2024.06.17(月)

検疫隔離に従わなければ発砲のフィリピン、新型コロナウイルスキャリア追跡アプリ開発(The Register)

フィリピンは、同政府による新型コロナウイルス保菌者の移動・接触の追跡を助けるアプリ開発の計画を始めた。

国際 TheRegister
検疫隔離に従わなければ発砲のフィリピン、新型コロナウイルスキャリア追跡アプリ開発
検疫隔離に従わなければ発砲のフィリピン、新型コロナウイルスキャリア追跡アプリ開発 全 1 枚 拡大写真
 フィリピンは、同政府による新型コロナウイルス保菌者の移動・接触の追跡を助けるアプリ開発の計画を始めた。

 このニュースは同国の新型コロナウイルス拡大防止の取り組みに関するドゥテルテ大統領による合同議会監視委員会への報告の一部としてもたらされた。メモによると、情報通信技術省( DICT:The Department of Information and Communications Technology )は「 COVID-19 陽性患者の足跡を追跡し、保健省疫学局のデータ収集、疾病監視、対応機能を増強するための、サイバーセキュリティおよびプライバシー関連の法律・規則・規制に準拠したデジタルソリューションのプロトコルの検討・開発」に着手している。

 フィリピンは厳しいロックダウンを実施しており、住民に食料を配給している。水曜のロドリゴ・ドゥテルテ大統領の国民に向けたスピーチでは、ロックダウン中にトラブルを起こしたり政府職員の業務を妨害したりする者は地方の当局から、暴力を用いた実力行使を受けることもありうることが示唆された。

「私の指令は警察や軍およびバランガイ(村に相当するフィリピンの最小地方自治単位)に向けたもので、彼らが妨害を受けて戦う局面となり命が脅かされた場合は射殺せよというものだった」と大統領は述べた。

《The Register》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. イセトーにランサムウェア攻撃、阿波銀行・藤沢市・茅ヶ崎市にも影響

    イセトーにランサムウェア攻撃、阿波銀行・藤沢市・茅ヶ崎市にも影響

  2. 役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

    役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

  3. 「ネクストレベル」に不正アクセス、496,119 件のワーカーの個人情報流出

    「ネクストレベル」に不正アクセス、496,119 件のワーカーの個人情報流出

  4. ニデックインスツルメンツにランサムウェア攻撃、複数のサーバ内ファイルが暗号化被害

    ニデックインスツルメンツにランサムウェア攻撃、複数のサーバ内ファイルが暗号化被害

  5. KADOKAWA グループ複数サイトで障害、サイバー攻撃の可能性

    KADOKAWA グループ複数サイトで障害、サイバー攻撃の可能性

  6. 日経BP従業員メールアカウントに不正アクセス、33名の個人情報流出の可能性

    日経BP従業員メールアカウントに不正アクセス、33名の個人情報流出の可能性

  7. 約 30 名の学生がフィッシング被害に ~ 明治薬科大学教員の M365 アカウントに不正アクセス

    約 30 名の学生がフィッシング被害に ~ 明治薬科大学教員の M365 アカウントに不正アクセス

  8. オイレス工業にランサムウェア攻撃、生産活動に影響なし 出荷通常通り

    オイレス工業にランサムウェア攻撃、生産活動に影響なし 出荷通常通り

  9. IPA、中小企業向けの内部不正防止対策の報告書公開

    IPA、中小企業向けの内部不正防止対策の報告書公開

  10. イセトーにランサムウェア攻撃、複数のサーバと PC が暗号化被害

    イセトーにランサムウェア攻撃、複数のサーバと PC が暗号化被害

ランキングをもっと見る