コロナ関連のオンライン詐欺が多数登場、8つの手法を紹介(EMCジャパン) | ScanNetSecurity
2021.10.27(水)

コロナ関連のオンライン詐欺が多数登場、8つの手法を紹介(EMCジャパン)

EMCジャパンは、「パンデミックに便乗するサイバー犯罪:不安な消費者を狙うオンライン詐欺の数々」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
EMCジャパン株式会社は4月9日、「パンデミックに便乗するサイバー犯罪:不安な消費者を狙うオンライン詐欺の数々」を発表した。危機的状況や人気イベントに便乗するオンライン詐欺師は、世界的に流行している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)も速やかに利用し、すでに多様な詐欺事例が観測されている。このリリースでは、確認されている8つの詐欺手法について解説している。

「アカウント乗っ取り」はここ数週間、通学できずに自宅で過ごす子供たちに直接リーチし、オンラインゲームのアカウントを狙っている。「フィッシング」では、世界保健機関(WHO)の医師を装い、パンデミックから身を守るための安全対策情報として、マルウェアに感染させる添付ファイルを開かせようとするケースが確認されている。

犯罪者が立場や所属を偽って標的に電話をかけさせる「ヴィッシング(Vishing:Voice Phishing)」では、銀行などを装いパンデミックの影響で財政状況が厳しい場合は電話で支払いオプションの相談ができるとして、電話をかけさせようとする。「スミッシング」においては、英国税務当局であるHMRCに所属する人物を騙り税金還付などのキャンペーンを紹介したり、ロイヤリティポイントを提供するとして偽のアンケートなどに誘導したりしている。

SNSに賞品が当たるなどの内容で標的を釣ろうとする「ソーシャルメディア攻撃」、マスクや手指消毒剤などを販売する「偽Eコマースサイト」、新型コロナウイルスに関連してマルウェア感染をもくろむ「不正モバイルアプリ」も数多く確認されている。さらに、偽の慈善団体サイトを作り「感染者支援」として在宅勤務者に犯罪収益の運び屋(マネーミュール)を募集する「在宅勤務詐欺・マネーミュール」も報告されている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 埼玉大学の学内サーバへ不正アクセス、PCの脆弱なパスワードが原因に

    埼玉大学の学内サーバへ不正アクセス、PCの脆弱なパスワードが原因に

  2. 三菱電機管理のネットワークに海外から不正アクセス、顧客に関する情報の一部が流出

    三菱電機管理のネットワークに海外から不正アクセス、顧客に関する情報の一部が流出

  3. 群馬大学のメールサーバが踏み台に、約57万件の迷惑メールを送信

    群馬大学のメールサーバが踏み台に、約57万件の迷惑メールを送信

  4. PPAPの運用失敗、パスワード通知メールに名簿を添付したまま送信

    PPAPの運用失敗、パスワード通知メールに名簿を添付したまま送信

  5. 若手社員の半数以上「情報漏えいより締め切りが大切」IT部門との確執浮き彫り

    若手社員の半数以上「情報漏えいより締め切りが大切」IT部門との確執浮き彫り

  6. 東京2020で約4.5億回のセキュリティイベントに対処した“NTTの貢献”

    東京2020で約4.5億回のセキュリティイベントに対処した“NTTの貢献”

  7. 廃棄文書をトラックで運搬中に段ボール箱6箱が落下、遺失物として連絡あり発覚

    廃棄文書をトラックで運搬中に段ボール箱6箱が落下、遺失物として連絡あり発覚

  8. 徳島県国民健康保険団体連合会が専用回線で誤送信、再送信処理でのシステム仕様に問題

    徳島県国民健康保険団体連合会が専用回線で誤送信、再送信処理でのシステム仕様に問題

  9. GhostScript において任意のコードが実行可能となるディレクトリへのアクセス制御不備の脆弱性(Scan Tech Report)

    GhostScript において任意のコードが実行可能となるディレクトリへのアクセス制御不備の脆弱性(Scan Tech Report)

  10. proofpoint Blog 第6回「そのサンドボックス運用にはご注意を! BCCモードのサンドボックス解析による大きなリスク」

    proofpoint Blog 第6回「そのサンドボックス運用にはご注意を! BCCモードのサンドボックス解析による大きなリスク」

ランキングをもっと見る