自動車や IoT エッジデバイスのセキュリティ製品 Karamba XGuard がハイパーバイザーに対応(アズジェント) | ScanNetSecurity
2021.05.08(土)

自動車や IoT エッジデバイスのセキュリティ製品 Karamba XGuard がハイパーバイザーに対応(アズジェント)

株式会社アズジェントは4月22日、同社の販売する Karamba Security 社の XGuard がバージョンアップし、新たにハイパーバイザー、Docker などのコンテナアプリケーションに対応したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社アズジェントは4月22日、同社の販売する Karamba Security 社の XGuard がバージョンアップし、新たにハイパーバイザー、Docker などのコンテナアプリケーションに対応したと発表した。これによって、ドメインコントローラーを含んだハイパーバイザーインフラストラクチャ全体の保護が可能になるという。

オートモーティブ、5G テレコムデバイスなどの IoT は、ドメインコントローラアーキテクチャを用い、ハードウェアとソフトウエアが分離しつつあり、ドメイン内のデータ転送や処理を行うマルチドメインコントローラは多くの機能を処理するとともに、共有ハードウェア上でミッションクリティカルアプリケーションと他のアプリケーションが接続されていることから、攻撃者の主要なターゲットとなる。

XGuard はコネクテッドカーや IoT エッジデバイスへのサイバー攻撃を防ぐセキュリティ製品で、新たにハイパーバイザーに対応したことで、ハイパーバイザー上で実行されるドメインコントローラーを保護することが可能になる。また、Linux ベースのさまざまなコンテナ内のアプリケーションもサポートしたことで、XGuard はホスト、コンテナインフラストラクチャ、ゲストアプリケーションなどハイパーバイザーインフラストラクチャ全体の保護ができるという。

また、Karamba の、SYSGO 社のリアルタイム OS である PikeOS へのアウトオブザボックスインテグレーションも発表した。 PikeOS ユーザーはオプション機能を選択することでインメモリ攻撃からアプリケーションを防御できる。

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. ヤフオク! 落札者情報が取得可能、API 仕様不備

    ヤフオク! 落札者情報が取得可能、API 仕様不備

  2. 実在するドメイン「gmai.com」、タイプミスによる誤送信ふたたび報告される

    実在するドメイン「gmai.com」、タイプミスによる誤送信ふたたび報告される

  3. 千葉大学医学部附属病院職員が宅配便騙るスミッシング被害、個人PCに保存した患者個人情報が閲覧可能に

    千葉大学医学部附属病院職員が宅配便騙るスミッシング被害、個人PCに保存した患者個人情報が閲覧可能に

  4. Salesforce 設定不備、子育て応援アプリに不正アクセス試行133回

    Salesforce 設定不備、子育て応援アプリに不正アクセス試行133回

  5. 教員の個人スマホに宅急便騙るスミッシング、クラウドサービスのID パスワード窃取

    教員の個人スマホに宅急便騙るスミッシング、クラウドサービスのID パスワード窃取

  6. Pontaポイントシステム障害、auやリクルートIDにも影響

    Pontaポイントシステム障害、auやリクルートIDにも影響

  7. gmai.com ドメインは実在、タイプミス誤送信 法人情報流出(新潟県)

    gmai.com ドメインは実在、タイプミス誤送信 法人情報流出(新潟県)

  8. 佐賀県 聖火リレーランナーの生年月日、メディア開示はOKだがWeb掲載はNG

    佐賀県 聖火リレーランナーの生年月日、メディア開示はOKだがWeb掲載はNG

  9. ワクチン接種予約システムに不具合、解析ツール用いれば個人情報閲覧可能

    ワクチン接種予約システムに不具合、解析ツール用いれば個人情報閲覧可能

  10. 富士経済系調査会社にサイバー攻撃、システム障害で納品にも支障

    富士経済系調査会社にサイバー攻撃、システム障害で納品にも支障

ランキングをもっと見る